『FIFA18』キャリアモードで獲得すべき選手…最高の若手スターとは?

写真拡大

ワンダーキッズ、若い才能には誰もが期待を寄せる。フレディ・アドゥー(覚えているだろうか?)からクリスティアーノ・ロナウド、そして最近ではキリアン・ムバッペもそうだ。素晴らしい才能を持った神童全てのサッカーファンを虜にする。

FIFAのキャリアモードでも彼らは素晴らしい。ダイアモンドの原石を安いうちに加入させ、ワールドクラスのスーパースターに磨き上げることほど楽しみなことはない。

ロナウドの『FIFA』での進化を振り返る

29日に発売した『FIFA18』でもその魅力は変わっていない。今回我々は各ポジションで20歳以下の優れた選手たちをリストアップした。プレー諸君の参考になればと思う。


20歳以下のベストGK


ジャンルイジ・ドンナルンマは近年の出てきたGKのなかでも世界的に優れた選手の一人だと言える。それは『FIFA18』にも反映されており、PSGのキリアン・ムバッペと並びゲーム中でも最高クラスの潜在能力を秘めている。アルバン・ラフォンはまだ18歳であるが、トゥールーズで60試合以上に出場しており、その活躍から89というポテンシャルを示すレートがつけられた。そして素晴らしいことに、優れた可能性を秘めたウィルカー・ファリネスをキャリアモードでは無料で使うことができる。彼のレートはなんと87にまで達するのだ。


20歳以下のベストDF


優れたチームにはどこでも堅守が備わっている。『FIFA18』においても怪物のような選手が揃う。潜在レート89を誇るアヤックスの新星マティアス・デ・リフトがその代表だが、マンチェスター・ユナイテッドからクリスタル・パレスにレンタル移籍中のティモシー・フォス=メンサーもイングランドを代表するディフェンダーに成長すると期待されている。

ライアン・セセニョンはフラムで100万ポンドちょっととお買い得だが、潜在レートは86と非常に価値のある選手だ。またトッテナムはこの世代に優れたCBコンビを擁している。フアン・フォイスとキャメロン・カーター=ヴィッカースはそれぞれ潜在レートが86,85と高い評価を受けている。


20歳以下のベストMF


フランスサッカーと神童には何か因果があるのだろうか? リストの筆頭を飾るユーリ・ティーレマンスは、アンデルレヒトからモナコに移籍した大きなポテンシャルを秘めた若きMFだ。キャリアモードでは2000万ポンドと決して安価ではないがそれに見合う価値がある選手だ。彼のレートは90に達する。

ダニ・セバジョスとアレナは所属するスペインの2大クラブで、ロナウドとメッシのようなライバル関係を築きうる逸材だ。それぞれ88と87という高い数字をつけられている。

イングランドサッカーからも多くの選手がレート86の優れた数値を受けている。ウルヴスのルベン・ネーヴェスはヨーロッパ全土を見渡してもトップクラスのレートを受けた選手の一人だ。またレナト・サンチェスはバイエルンからスウォンジーにレンタルでやってきた。イングランドの天才ジョシュ・オノマーはトッテナムからアストンビラにレンタル移籍中。ウィルフレッド・エンディディはレスターでスターになれる力を秘めている。


20歳以下のベストFW


このメンバーを予測することはそう難しくはないだろう。

フランスのスーパースターであるムバッペは膨大な金額でPSGにレンタル移籍し、来年の観戦移籍は確実視されている。このゲームでも彼はドンナルンマと並んでトップの潜在レートを誇っている。

マンチェスターシティで旋風を巻き起こしているブラジル人のガブリエル・ジェススもアタッカーとしては大きな可能性を秘めている。ムバッペに先んじてPSGに加わったネイマール、その後継者と目されているウスマン・デンベレの名前もある。

ユナイテッドのアンヘル・ゴメスは若干16歳とこのリストでも最年少だが、プレミアで最も有望な選手の一人だ。

リストを読み進めると、シティからドルトムントに移ったジェイドン・サンチョも素晴らしい可能性を秘めている。チェルシーからトッテナムにレンタルしているアブラハムも見逃せない。

EAスポーツによるFIFA 18は9月29日に発売。購入はこちらから: https://www.easports.com/jp/fifa/buy/japan

ロナウドの『FIFA』での進化を振り返る