日本代表(写真は9月のサウジアラビア戦)【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は11月にヨーロッパ遠征を行い、ブラジル代表とベルギー代表と対戦する。日本サッカー協会(JFA)が29日に発表した。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めている日本は、同じく本大会行きの切符を手にしている強豪とテストマッチを行う。11月10日はフランスのリールでFIFAランキング2位のブラジル代表と対戦。同14日にはFIFAランキング5位のベルギー代表と戦う。ベルギー戦の会場は未定だ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のコメントは以下のとおり。

「世界の強豪の中でもトップの2チームとの対戦となります。ブラジル代表は世界のサッカー選手たちにインスピレーションを与えているチームです。現時点で最も良い代表チームと言ってもいいかもしれません。我々にとって成長するための良い機会であり、ワールドカップを前に自分たちの立ち位置を知ることができる試合になると思います。またこの試合がリールで開催されることを嬉しく思います。私が指揮をとったクラブのある街であり、たくさんの友人が今もなお暮らしています」

「そしてベルギー代表もここ数年常に上位をキープしているチームです。個々の能力が高いチームであり、どのチームと戦っても勝つ力を持つチームです。この試合も私たちにとって実りのある試合にしなくてはいけません」

「2試合とも相手が勝者として予想されるでしょうが、私たちも果敢に挑みたいと思います。相手をリスペクトしつつ、自分たちを成長させながら、勝利という結果を目標にしたいと思います」

text by 編集部