【FC東京vs磐田プレビュー】FC東京は「やるべきことは、はっきりしている」…今季の磐田は関東圏開催の敵地戦で強さを発揮

写真拡大

■FC東京 ピーター・ウタカが好調を維持し、室屋成は復帰の見込み

【プラス材料】
 安間貴義監督の新体制の2戦目として臨んだリーグ前節は、ミスを重ねる形で柏に1−4で敗れた。それでも選手たちは「やるべきことは、はっきりしている」と前を向く。眷詬亮]困癲崋虍の人数が揃っている時には失点していない。まずは不用意なミスを減らし、もう一度走ることや、守備への切り替えを意識し、立て直したい」と話す。

 前節の柏戦は、途中出場のピーター・ウタカがPKを獲得したほか、大久保嘉人との連係でチャンスを演出した。ウタカは好調を維持し、常に相手に脅威を与えるプレーを発揮しているだけに、好機を確実にゴールに結びつけたいところだ。

 また、ハムストリングの負傷から明けた室屋成がJ3リーグでコンディションを高め、今節の磐田戦の先発も見込める状態に。チームにさらなる積極性と勢いをもたらす意味でも明るい材料になる。

【マイナス材料】
 先制を許した後に、チーム全体の士気が下がり、下を向いてしまうことは気掛かりだ。安間監督が「今、我々は『諦めてしまう習慣』をやめようとしている。チーム全員で変わろうとしているので、ここでもう一度、バラバラになることなく、次の試合に挑みたい」と語るように、チームとしての一体感をもって戦えるかが問われている。

 ただし、今節の対戦相手である磐田も、厳しいプレスが特長のチーム。中途半端なボールの失い方をすると、失点は避けられないだろう。そのため、相手のプレスを受けた時に、つなぐことを優先するのか、リスクを回避してセーフティにプレーをするのか、その判断力が求められることになる。カウンター攻撃の鋭い磐田に対して、臨機応変さを発揮できるかも勝敗を左右する。

文:totoONE編集部

■ジュビロ磐田 前節の大宮戦では久々に流れのなかからゴール

【プラス材料】
 リーグ前節の大宮戦は攻守で積極的な姿勢を取り戻し、2−1で3試合ぶりの勝利を飾った。2点目は高橋祥平の縦パスを川又堅碁が落とし、ムサエフが抜け出して決めた。前々節までの5試合で1点しか取れていなかった流れのなかから久々にゴールが生まれたことは好材料。札幌戦とと浦和戦で6本ずつに終わったシュート数も14本に増加。内容面でも手応えをつかんだ。

 今週の練習では4−2−3−1の布陣もテスト。今季序盤以来の布陣変更の可能性もある。主力組の右MFに入った山田大記の先発もありそうだ。

 今季は関東圏開催の敵地戦で強さを発揮している。今季は鹿島に3−0、浦和に4−2、川崎に5−2と絶好調。このデータに従えば、今節も大量得点が期待できる。

【マイナス材料】
 守備陣はリーグ戦5試合連続失点中。前節の大宮戦はほとんどピンチを作らせなかったが、一瞬の隙を突かれて失点を許した。FC東京はタレント揃いで、わずかな気の緩みが失点に直結する。集中力の高さが課題となりそうだ。

 大宮戦は無失点で終えたかった理由があった。今季チームで唯一フル出場を続けていた大井健太郎が負傷離脱した初戦。大黒柱の不在を感じさせないためにも完封勝利で不安を一掃したかったのが本音だ。

 敵地でのFC東京戦はリーグ戦で4勝3分け7敗。2007年以降は白星がない。昨季も幸先良く先行しながら2度のリードを守り切れず、2−3の逆転負けを喫した。

文:totoONE編集部