【おそロシア】 運転していたら隣のバイクのサイドカーにでっかい「クマ」が乗ってたんですけどーーー!!!

写真拡大


パッと見ただけでは、ほのぼの映像だけど、よ〜く考えたらジワジワ怖い。もしもこれがロシアの日常風景だったとしたら……おそロシア〜〜〜!!!

そんな映像をNiks ĻeoņenkoさんがYouTubeに投稿し、話題を集めています。

ロシアの街中をドライブ中、ふと横を見ると、バイクのサイドカーになにやら人間ではない者が座っています。

よくよく見るとそこにいたのは、大きな大きな熊さん! 終始おとなし〜くしておりまして、本物なのかぬいぐるみなのか区別がつきません。

【声かけに謎の動作で反応】

車に乗っていた男性が思わず声をかけて、カメラを向けると、ほんの少し視線を向けて反応した熊さん。「伸ばした左手を、右手で叩く」という謎の動作を始めて、その後は逆の手で同じことをし、最後には両手で頭を抱えています。

もしやこの動き、男性に対するサービスなのかしら。それともけん制……?

【本物っぽく見えるけど…】

この動画を食い入るように見つめて、本物か否かチェックしてみたのですが、わたしにはどうしても本物の熊に見えるんですよね。

特に毛並みや、腕と背中の筋肉のつきかたなど、全体的にすさまじくリアル(?)。もしこれがぬいぐるみだとしたら、別の意味で「おそロシア」ですっ。

【いったいロシアで何が起きているんでしょうか】

映像の最後の方では、バイクに同乗していた男性にラッパを渡されて、クラクション代わりに「プップー!」と演奏まで披露していました。

この熊が本物かどうかは公表されていないようですし、判別はつきませんでしたが、もしも中に人間が入っていないのだとしたらスゴイこと。バイクに乗ってどこから来て、これからどこへ向かっているのかも、非常に気になるところです!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る