画像提供:マイナビニュース

写真拡大

大庄は10月2日、新宿駅西口直結の新宿パレットビル地下3階に、"肉"をテーマとした「新宿名店横丁」をオープンする。

同施設は、牛肉(「RUMP CAP」)、馬肉(「三村」)、羊肉(「悟大」)、鶏肉(「とり家ゑび寿」)、ホルモン(「やるきホルモン」)という専門店が軒を並べる"肉の横丁"となる。

フロア全体の空間は、昭和の懐かしさに遊び心を加え現代風にデザイン。横丁には、肉料理自慢の個性豊かな5店が集結する。

まずは、10月2日に神田の肉バル「RUMP CAP(ランプキャップ)」と炭火焼き極旨ホルモン「やるきホルモン」がオープン。その後、10月4日に宮崎産の旨い鳥「とり家ゑび寿(とりやえびす)」、10月6日に大衆馬肉酒場「三村(みむら)」、10月8日にはあみやきジンギスカン「悟大(ごだい)」が次々とオープンする。

横丁の「丁」という漢字には、「出会う、行き交う」の意味がある。同社では、老若男女、ひとりでもグループでも、そして時には見ず知らずの居合わせた人たちと「"ゆるい"コミュニケーション」を楽しみながら肉をほおばるのが醍醐味になるという。

また、せっかく個性が異なる5店舗が軒を連ねる横丁を訪れたなら、思う存分に名店の味を楽しみたいもの。一軒目でお腹いっぱいにせず、次の店で新しい味を体験するのもおすすめ。"ハシゴ肉・ハシゴ酒"で横丁の醍醐味を味わうもよし、お気に入りの一軒でじっくりと楽しむもよし、新宿だからこその"昼飲み"をするもよし、仕事帰りにサクッと立ち寄り明日への活力を養うもよしと、店のスタッフと客、居合わせた人同士がつくる居心地の良い雰囲気を楽しめるとのことだ。

なお、今回のオープンを記念して、各店オープンから2日間限定で、お得な「フードメニュー"全品半額"」イベントを開催する(「やるきホルモン」は除く)。所在地は、東京都新宿区西新宿・新宿パレットビル地下3階(新宿駅直結)。総席数は、225席(5店舗合計)。年中無休。