16年インカレで準優勝を経験したFW太田修介

写真拡大

 ヴァンフォーレ甲府は29日、国士舘学大MF荒木翔、日本体育大FW太田修介の来季加入が内定したと発表した。

 荒木は山梨県の日本航空高で3年間を過ごし、国士舘学大では15年に関東大学リーグ1部アシスト王に輝いている。クラブ公式サイトを通じて、「高校3年間を山梨の地で過ごし、また山梨に戻って来ることができ、嬉しい気持ちとともに縁を感じています。今まで私に携わっていただいた方々へ感謝の気持ちを忘れずに、1日でも早くファン・サポーターの皆様の期待に応えられるよう日々精進していきたいと思います」とコメントした。

 太田は甲府U-15、U-18と下部組織出身。16年に全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)で準優勝を経験した。「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になれること、そして再びヴァンフォーレ甲府の一員になれることを大変嬉しく思います」とプロ生活のスタートを喜び、「やっとスタートラインに立てたので、大好きなこのクラブに結果という形で貢献し、恩返しができるように日々努力していきたいと思っています」と意気込みを語っている。

プロフィールは以下のとおり

●MF荒木翔

(あらき・しょう)

■出身地

神奈川県

■生年月日

1995年8月25日(22歳)

■身長/体重

166cm/65kg

■経歴

日本航空高-国士舘大

●太田修介

(おおた・しゅうすけ)

■出身地

山梨県

■生年月日

1996年2月23日(21歳)

■身長/体重

176cm/70kg

■経歴

甲府U-18 -日本体育大


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ