ポチェッティーノ監督、自身の発言を否定も…改めてケインを称賛

写真拡大

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、先日報道されていた自身の発言を否定した。28日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズンも、8月に点を取ることが出来なかったイングランド代表FWハリー・ケインだが、9月に入ると5試合で9得点を決めるなど素晴らしいパフォーマンスを披露している。そんな同選手に対して、ポチェッティーノ監督は「ケインは、(クリスティアーノ)ロナウドや(リオネル)メッシより優れている」とコメントしたと報道されていた。

 しかし、ポチェッティーノ監督は自身のこの発言について「ロナウドやメッシより優れていると言った覚えはない。彼らは違う次元にいる。彼らは5年から10年間にかけて素晴らしいプレーを見せている」と否定した一方で、次のように続けた。

「ケインは世界で最も優れたストライカーの一人だ。しかし、彼はまだ若くまだまだ改善することができる。彼のポテンシャルやプロ意識などは、さらなる成長ができると思う。だが、彼にプレッシャーをかけるのは間違っている。彼はまだ若い。彼は適切なポジショニングを取り、ゴールを決めることができる。彼らのスタイルとは少し違う。彼らと比較するのは何もケインの助けにはならない」とケインを称賛したものの、プレッシャーのかけ過ぎには注意を促した。