バルサとレアルのスペイン代表DFが再び舌戦 ピケの州民投票ツイートをラモスが批判

写真拡大

ピケが投票を呼びかけるツイートも…ラモスが政治的メッセージに警鐘鳴らす

 バルセロナは10月1日にリーガ・エスパニョーラ第7節ラスパルマス戦を迎えるが、この日にバルセロナを中心としたカタルーニャ州の分離独立を問う州民投票が行われる。

 スペイン代表で自国サポーターからもブーイングを受けるバルセロナDFジェラール・ピケは投票を呼びかけるツイートを行なったが、代表でコンビを組むレアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスはピケの行動を批判している。スペイン地元紙「マルカ」が報じた。

「ピケのツイートは、罵声を浴びたくないと願うなら最高のものとは言えない。おそらく代表にとってもベストなものではないかもしれない。しかし、誰もが自分の考えを表明する権利がある」

 ラモスはこう語ったという。28日に投稿したピケのツイートにはカタルーニャ語で次のように記されていた。

「今日から日曜日まで、我々は平和的な形で自分自身を表現していこう。僕らは何の言い訳も受ける必要はない、それは彼らが求めているものだ。そして僕らは大いに歌い、強い気持ちを表現していくんだ」

 最後につけられたハッシュタグ「#Votarem」に、違う意味が込められている。このハッシュタグはスペイン語で「投票」の意味を持つ。州民投票に足を運ぼうというメッセージだった。

 カタルーニャの独立を常々標榜しているピケは代表戦で自国サポーターからもブーイングの対象になっている。この現状をエスカレートさせるかもしれないピケの政治的メッセージに、これまで何度も舌戦を展開してきたラモスは警鐘を鳴らしていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images