カルロ・アンチェロッティ氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 カルロ・アンチェロッティ氏のミラン復帰はなさそうだ。同クラブの幹部が監督就任の噂を否定した。伊メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 バイエルン・ミュンヘンは28日、アンチェロッティ前監督を解任した。チャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンに0-3と敗れた直後に驚きの決定をしている。

 するとイタリアでは、セリエAで苦しんでいるミランがヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の後任に狙うのではないかと噂になった。

 これについてスポーツディレクターのマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は「人としてもスポーツの面から言っても、アンチェロッティのことは残念に思う。ただ、我々には彼より若く、彼と同じくらい優れた監督がいる。我々はモンテッラを信頼してサポートしている」とコメント。アンチェロッティ氏の復帰はないと強調した。

 58歳のイタリア人指揮官は、現役時代にミランでプレーしたほか、2001年から2009年に監督としてミランで大きな成功を収めている。

text by 編集部