未来検索ブラジルVDC事業部では、株式会社TOLOTと以下のようなサービスを開始することになりました。
以下、プレスリリースからの引用です。

有限会社未来検索ブラジル(本社:東京都千代田区、代表取締役: 竹中直純)VDC事業部は、株式会社TOLOT(本社:東京都江東区、代表取締役社長:末松 亜斗夢)が提供する「写真とQRコードだけ」のミニマム名刺・フォトプリントサービス『TOLOT I.D.』と連携し、機能を拡張したSPA(Small Piece of Art)のサービスを開始いたします。

SPA(Small Piece of Art)とは

SPAとは、アート作品のようなエディションNo.とQRサーティフィケーションが付いた直筆サイン入りのミニポートレートです。

技術の進歩によって複製可能な美術品が世の中に登場しました。古くは版画に始まり、シルクスクリーン、写真など、印刷できるモノ、量産できるモノは、作品と製品の狭間で受け取り側の主観を含めて実に微妙な価値観を人々に植えつけてきました。同じモノを複数作れる作品に対して作家はいつの頃からか“エディション”という考え方を編み出して、量産のデメリットを打ち消すことに成功しています。「この作品は20しか作りません」といった工夫です。その証にエディションNo.を「1/20」のような形で作品の隅や裏に記し、希少性を担保しています。このような仕組みは、作家と買い手の双方にとってメリットをもたらしています。

アーティストのコンサート現場でのチェキ撮影は、「有限な作家の時間を提供してその場で作るため、量産不可能である」とみなすことができます。もちろん、それはこの世に一点しか存在しない、持ち主にとってはかけがえのないものになりますが、見かたを変えれば、ユニークピースであるものの、内容が持ち主個人と強く結びつくため、普遍的な価値が産まれにくいモノともいえます。このような状況をもったいないと感じ、アーティストの写真を限定数作り、それぞれの写真に本人が手書きでサインとデコレーションを施したモノを販売するサービスを開始しました。それが『SPA』です。

 異なるデコレーションが施された数十枚のSPAは、それぞれ最初の持ち主の手に渡ります。そこでずっと大切にされるSPAもあれば、他の人の手に渡るSPAもあるかもしれません。流通性を確保するために、SPAには『QRサーティフィケーション』が付いています。デコレーション済の写真は運営主体によってスキャンされ、写真裏に付いているQRコードをたどれば、最初の状態が確認できるようになっています。

 さらにWebベースの技術で様々な新しいアイディアを加えることもできます。例えば、アーティストやグループごとに、リリースされたSPAを全部確認することが可能なカタログ・レゾネが自動的に作られます。われわれはこのような工夫で、アーティスト写真を「小さなアート作品」へと変貌させることを標榜しています。2017年9月3日の『Vocal & Dance Collection Vol.1』からスタートしたSPAの販売は70枚だけでしたが、数分で即完売となり、その可能性に我々自身も驚いています。今後もVDCだけでなく様々なコンサートやイベント、サービスとコラボレーションを重ねていく予定です。

アーティストがSPAを制作する場合のフローを次図に示します。ライヴ企画者がやることは「写真素材の用意」「デコレーション」の2つのみです。タイムラインについては実績無理のない日数にしていますが、これより余裕をもたせた流れや、特急スケジュールなどVDCで相談に応じます。販売についてはVDC主催のイベントの場合、VDC事務局での販売ができますので、その分の物流などのフローは省略することができます。

【TOLOT I.D.とは】

自分の写真と、SNSのアカウント等のQRコード、ニックネーム(英数字)で構成するフォトカード。コメントを手書きで記入しやすい上質な厚手のマット紙を採用。名刺サイズ(横5.4cm×縦8.6cm)で、インスタントカメラ風の可愛い写真プリントを楽しめます。
TOLOT I.D. URL https://tolot.com/jp/id/ [LINK]

■SPA(Small Piece of Art)商品概要
TOLOT I.D. を基盤に、裏面のQRコードにサーティフィケーションの機能を持たせ、アーティストのコンサートやWebサイトなど、「公式」に販売する。価格はアーティストと協議の上、決定。

■Vocal & Dance Collection 事業概要
事業内容: ボーカルとダンスに焦点を合わせた、アーティストの魅力をしっかり伝えていく複合メディア
事業会社: 有限会社未来検索ブラジル(代表取締役: 竹中直純)
所在地: 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-16-12 アキバCOビル2F ガジェット通信フロア
VDC URL: https://vdc.tokyo/ [LINK]

■本件に対するお問い合わせ
有限会社未来検索ブラジル VDC事務局 (担当: 宇佐美)
お問い合わせフォーム https://vdc.tokyo/contact/pub/

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』