故障者/大宮=播戸、大屋、和田、瀬川 清水=六平、杉山、飯田、植草
出場停止/大宮=マテウス 清水=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ第28節
大宮アルディージャ - 清水エスパルス
9月30日(土)/19:00/NACK
 
大宮アルディージャ
今季成績(27節終了時):17位 勝点21 5勝6分16敗 25得点・48失点
 
【最新チーム事情】
●和田の負傷発表に加え、大屋が練習中に怪我。
●守備練習に時間を割き、4-4-2の守備オーガナイズを確認。
●M・トスカーノ、カウエが先発復帰の見込み。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦も残り7試合となり、残留争いの直接対決はふたつ(清水戦、甲府戦)のみ。今節の清水戦はJ1に生き残るために、言うまでもなく勝利が絶対条件となる。
 
 そのためには得点が必須だ。期待が懸かるのは古巣戦の大前や先発復帰が見込まれるM・トスカーノ。先手を取って試合を運べれば、チームとして熟成してきたポゼッション能力も生きるはず。まずは開始直後からパワーを掛けて先制点を奪いたい。
J1リーグ27節
大宮アルディージャ - 清水エスパルス
9月30日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
清水エスパルス
今季成績(27節終了時):13位 勝点228 7勝7分13敗 31得点・45失点
 
【最新チーム事情】
●怪我人が続々復帰!増田はベンチ入りか。
●NACK5でのリーグ戦は4勝3分6敗と負け越し。
●ジョーカーの北川が好調を維持。前節はアシストをマーク。
 
【担当記者の視点】
 前節の広島戦は悔しい負け方をしたものの、怪我明けの鄭大世がゴールを奪い意地を見せた。このエースの復帰は追い風で、チームに良い緊張感が出ている。また、T・アウベスも徐々にコンディションを上げており、今節はT・アウベスのチャンスメイクから鄭大世のフィニッシュという攻撃の形が見られそうだ。
 
 対して不安なのは守備。課題のセットプレーだけでなく、前節はカウンターで複数失点を喫した。大宮戦でも同じことを繰り返すようだと勝点3は遠くなるだろう。守備の集中力を保って先制点を待ち、そのまま逃げ切る。したたかな戦い方を実践したい。