バイエルン監督解任のアンチェロッティ、あのクラブのファンが熱望?

写真拡大

 28日にバイエルンがカルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表したことを受けて、あるクラブのファンが同氏の招へいを熱望しているようだ。同日付のイギリス紙『サン』が報じた。

 そのファンとは、ウェストハムファンだという。ウェストハムはプレミアリーグ開幕6試合を終えて、1勝2分け2敗。降格圏の18位に沈んでおり、スラヴェン・ビリッチ監督の解任の可能性が取り沙汰されている。同監督は「今言えることは、私はただ全力を尽くすだけだ」と語り、続投に意欲を見せているが、30日に行われる第7節スウォンジーの結果次第で監督交代が行われたとしても不思議ではない。

 すでに一部メディアでは、ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督やナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督の名前が後任候補して挙がっているが、ウェスハトファンの中にはアンチェロッティ氏の招へいを望む者がいるようだ。

 同紙によると、ツイッター上には「ビリッチ解任、そしてアンチェロッティを連れてきて」や、「今すぐ(アンチェロッティ氏に)オファーしよう。このチャンスを逃すな」といった投稿が相次いでいるという。彼らは、アンチェロッティ氏の招へいが低迷するチームの起爆剤になることを期待しているようだ。

 なお、チェルシーの指揮官を務めたこともある同氏は、過去に何度もロンドンへの帰還を歓迎する旨のコメントを出している。2011年にウェストハム監督就任の噂が浮上した際には、「ウェストハムの監督? 断るわけがないだろう。あそこの雰囲気は素晴らしい。クラブの規模に関わらず、監督として働いていることが最も大事なんだ」と発言。同クラブに対する好意的な感情を明かしていた。

 解任直後であるため、早々の現場帰は現実味に乏しいかもしれないが、可能性はゼロとは言えない。ウェストハムファンはチームの将来と共に、アンチェロッティ氏の今度の動向にも注目することになりそうだ。