こちらにズラリと並んだイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻であるAdrienneへのバースディプレゼントだということ。

制作時間は、シンプルなものだと2〜3時間。手の込んだものだと9〜10時間にも及んだのだとか。隅々まで丁寧に描き込まれたイラスト。妻への愛情を垣間見ることができて、とっても微笑ましいのだ。

#1 
海賊の戦利品

これは、僕が初めて描いたワイフのイラストなんだ。背景をどうするか決められなかったので、キャラクターだけなんだけどね。

#2 
ミニチュアな朝

ワイフをミニチュアにしたらどんな朝を迎えるのかを想像してみたんだ。彼女なら、コーヒーに浸って、自分の身体と同じ大きさの菓子パンを頰張るのは間違いないよ。

#3 
最高のヒロイン

ワイフは、SFの大ファン。James Cameronの映画「エイリアン」を愛しているんだ。主人公のRipleyは、彼女のお気に入りのキャラクターなんだよ。エイリアンと闘う姿を描いたら、絶対、喜ぶと思ったんだ

#4 
スーパーシークレットスパイ

ワイフが大好きなゲーム『Number Munchers』をモチーフにしたんだ。彼女は、凄腕のスパイとして登場するんだよ。まさに、古いフロッピーディスクでデータを盗む瞬間なんだ。

#5
最大の恐怖

ワイフは、物凄くヘビが嫌いなんだ。これは、彼女にとっては、悪夢そのものだね。

#6
猫の大好き

ワイフが大好きなのは、猫。西洋には、こんな言い伝えがある。女性が男性と真剣に向き合っていないと、老後はたくさんの猫に囲まれて孤独に暮らすことになる。僕と結婚しても、猫を可愛がることを止めないのから、ちょっと皮肉な方法でからかってみたんだ(笑)。

#7
チョコレート吸血鬼

もし、ワイフがどんなモンスターにでもなれるのだとしたら、吸血鬼さ。犠牲者になるのは、チョコレートだけだけどね。

#8
風変わりなダンサー

ワイフは、ダンスを愛しているんだ。そこで、からかい半分で、馬鹿馬鹿しいウェアを着させてみたんだ。しかも、ブレークダンスをするためのウォームアップ中っていうコンセプトでね(笑)。

#9
ワイフはフランス人

バゲットとワインを小脇に抱えて、ベレー帽を被ってスクーターを運転している。ワイフがフランス人だったら、こんな感じかなって。

#10
西部劇に登場する女性

彼女は、ガンマンを心配している役柄。撃ち合いが終わった直後に、酒場から飛び出してきた瞬間なんだ。どっちが勝ったかまだ分からない。心配そうな表情でしょ?

#11
ドラゴンを退治する者

ワイフは、SFだけじゃなくファンタジーの大ファンでもあるんだ。だから、ドラゴンとの壮絶な闘いの末、勝利する姿を描いてみたのさ。

Benは、妻の絵を描いている間、とても楽しい時間を過ごしたようだ。限られた時間で多くのイラストを完成させるというタスクをこなして、イラストレーターとして腕も上がったとのこと。Adrienneにとってみれば、それがイチバンの贈り物だったかも知れないよね。

Licensed material used with permission by Ben Pannell