【詳細】他の写真はこちら

電動歯ブラシという意味でも、しっかり震えます。

音楽の力で日々のルーチンワーク「歯磨き」をもっと楽しく……そんな思いを結実させたかのようなスマート電動歯ブラシ『Benjamin Brush』が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。プロジェクトはすでに目標金額の調達に成功していますが、その発想はかなり独特。なにしろ電動歯ブラシに音楽配信サービスを融合させてしまったというのです。

歯ブラシから音楽(1曲あたり0.99ドル)が!





『Benjamin Brush』の本体下部にはスピーカーが内蔵され、歯磨き中に楽曲の再生ができます。楽曲の再生時間は2分間、歯磨き中には30秒毎にブルブルッと本体が震えることで、まんべんなく歯を磨くように促してくれるんですって。



ここで再生する楽曲は専用の「BleepBleepsミュージックストア」にて、1曲あたり0.99ドルで購入。歯磨きに適した選曲なのかはよくわかりませんが、ジャスティン・ビーバーからベートーベンまで取り揃えているそうですよ。また専用アプリでは歯磨きの実績がポイントとして表示され、お子さんが友達や家族とゲーム感覚で競いながら歯磨きを楽しめるように工夫されているとのことです。

ブラシヘッドは選択可能





電動歯ブラシとしては音波振動で駆動するタイプのもので、ブラシヘッドには縦長の「ビッグブラシ」と、円形の「ポンポンブラシ」の2種類が用意されます。ヘッドはそれぞれ軟質シリコン製。柔らかい素材が磨きすぎを防ぎ、歯のエナメル質を損なわないよう配慮されているようです。このブラシヘッドには5種類のカラーバリエーションが存在し、その時の気分に合わせて形や色を選択できるという特徴も。本体はもちろん防水仕様で、お子さんにも安心して使ってもらえそう。毎日の充電はUSB経由で行います。

音楽配信と歯ブラシの融合という奇抜すぎる発想が世界の注目を集めたのか、クラウドファンディングのプロジェクトはすでに成立。現時点では59ドル(約6600円)の支援で一つ入手できます。製品は2018年3月に出荷され、全世界への配送に対応してくれるということですよ。

文/塚本直樹

関連サイト



『Benjamin Brush』プロジェクトサイト(英語)