故障者/新潟=成岡、森 神戸=レアンドロ、高橋峻
出場停止/新潟=なし 神戸=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ28節
アルビレックス新潟 - ヴィッセル神戸
9月30日(土)/15:30/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
今季成績(27節終了時):18位 勝点12 2勝6分19敗 19得点・54失点
 
【最新チーム事情】
●前節の札幌戦では残り10分で河田がJ1初ゴールを含む2得点。
●負傷交代した富山と試合中に打撲した富澤は離脱せず、トレーニングを消化。
●ビッグスワンでの神戸戦は無敗の好相性。
 
【担当記者の視点】
 前節の札幌戦では2点ビハインドで迎えた終盤、今季新潟シンガポールから加入した河田篤秀が大爆発。残り10分からJ1初得点を含む2ゴールを挙げて、引き分けに持ち込んだ。
「結果を出せばチャンスを与える」と言う呂比須ワグナー監督には、結果を出した河田を先発起用する考えもあるようだ。
 
 札幌戦の開始30分で河田と負傷交代した富山、試合中にジェイとの競り合いで打撲した富澤清太郎も離脱することなく、今週のトレーニングを順調に消化。神戸戦に備えている。
 
 残留に向けて依然厳しい状況は変わらないが、ビッグスワンでの神戸戦は、これまで11試合を戦って無敗。相性の良い相手を叩き、苦しい流れを変えたい。
J1リーグ28節
アルビレックス新潟-ヴィッセル神戸
9月30日(土)/15:30/デンカビッグスワンスタジアム

ヴィッセル神戸
今季成績(27節終了時):10位 勝点37 11勝4分12敗 30得点・32失点

【最新チーム事情】
●前節の川崎戦はスコアレスドロー。公式戦ここ4試合無敗。
●DF岩波がJ1通算100試合へ王手。
●GKキム・スンギュが韓国代表へ選出。

【担当記者の視点】
 チームの調子は決して悪くはなく、前節の川崎戦では勝利こそ奪えなかったものの、組織的な戦いぶりで堂々と立ち向かった。吉田監督の就任以降、攻守とも個々の役割が明確になり、連係は深化されてきた印象だ。

 ここ最近の試合で見せてきたように、この試合でも狙いどころを定めた守備から良いリズムを生み出せれば、勝機は十分にあるだろう。J1残留へ必勝を期す新潟から勝利を奪うのは簡単ではないだろうが、チームとしての一体感を維持して勝点3を持ち帰りたい。