ジョージナ(右)の左手薬指に光る大きなダイヤが入ったリング。これがC・ロナウド(左)の送った婚約指輪の可能性が高いという。(C)Getty Images

写真拡大

 レアル・マドリーに所属するサッカー界きっての色男クリスチアーノ・ロナウドが、ついに結婚を決断したようだ。ポルトガルの『コレイオ・ダ・マンハ』紙が報じている。
 
 早くにスターダムに伸し上がり、しかもマッチョなイケメンとあってC・ロナウドは若い頃からモテモテ。イリーナ・シェイク(ロシア人のスーパーモデル)やラッファエラ・フィーコ(イタリア人のテレビ司会者)など歴代彼女は美女揃いで、お騒がせセレブとして知られるパリス・ヒルトンとのキス写真をパパラッチされたこともあった。
 
 その間にC・ロナウドは2010年に長男クリスチアーノ・ロナウド・ジュニア、そして今年6月に双子のマテオ君とエバちゃんを授かる(いずれも母親は非公表)も、結婚はしてこなかった。
 
 しかし、現在の恋人であるスペイン人モデルのジョージナ・ロドリゲス(22歳)とは、近年稀に見る真剣交際をしてきた。昨年9月にマドリードで開催された『ドルチェ&ガッバーナ』のパーティーで知り合って交際に発展し、今年1月のFIFA表彰式で初めて公式に彼女としてお披露目。7月にはC・ロナウドが子供を授かったことを認めており、現在妊娠8か月と伝えられている。
 
 コレイオ・ダ・マンハ紙によれば、今年中には自身4人目の子供を出産する見込みのジョージナにC・ロナウドは、正式な婚姻を申し出た模様。彼女が最近付けている22万6000ユーロ(約2892万円)のダイヤモンド指輪は、エンゲージリングの可能性が高いという。
 
 ちなみに、7月にはジョージナがインスタグラムでウェディングドレスブランド『プロノビアス』のアカウントをフォローし、「ついに結婚か」と話題になっていた。
 
 欧米では婚姻していなくてもパートナーとして事実上の夫婦関係を築くことが珍しくないが、C・ロナウドはジョージナとロシア・ワールドカップ後の来年8月に結婚すると報じられている。
 
 来年8月といえばC・ロナウドも33歳。数々の浮名を流してきたサッカー屈指のプレイボーイも、ついに身を固める覚悟か。
 
【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち