日本製にこだわった「NIPPON MADE」シリーズ専門店オープン!

写真拡大

アシックスジャパンは、「オニツカタイガー」ブランドから世界初となる「NIPPON MADE(ニッポンメイド)」専門店「オニツカタイガー 表参道NIPPON MADE」を2017年9月29日にオープンする。

和の要素を取り入れつつモード

原宿・青山エリアのランドマーク「表参道ヒルズ」の裏手にある、国内最大の旗艦店「オニツカタイガー表参道」の隣にオープン。「NIPPON MADE」シリーズを取り扱う専門店で、シューズやアパレル、小物類も展開。また、オープン記念として歴代モデルの数々をアッパー(甲被)にプリントした「MEXICO(メキシコ) 66 DELUXE(デラックス)」(メンズ・ウィメンズ共に2万3000円、税別)を250足限定で販売する。

店内は「和」×「モード」をデザインコンセプトとし、同シリーズのキーカラーを取り入れた。また、ホワイトをベースに什器の下部に挿し色としてレッドを入れ、床に絨毯を敷くことでギャラリーのようなシンプルな空間を演出。さらに、ファサードにゴールドを用いたり、天井やファサードにルーバーを採用するなど、和の要素を取り入れつつモードな雰囲気も持たせている。

「NIPPON MADE」シリーズは、日本生まれのブランドであるオニツカタイガーが細かい部分にまで日本製にこだわったシリーズで、08年から展開。上質な革を使い、卓越した職人がひとつひとつ加工するなど「本物の日本」をコンセプトに掲げ、緻密さや繊細さにこだわり抜いたレトロ感と、高級感ある風合いを実現した。