グアルディオラ監督、タイトルの重要性を語る「結果が残せなければ…」

写真拡大

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、プレミアリーグのタイトルが獲得出来なければ自身の将来は危ないと感じているようだ。28日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 マンチェスター・Cは現在、プレミアリーグ第6節終了時で5勝1分けと無敗で首位に立っている。この中でも、6ゴールを決め得点ランキングで首位に並んでいるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロや、5ゴールを挙げているイングランド代表MFラヒーム・スターリングなどの活躍もあり、6試合で21ゴールと攻撃陣の好調ぶりが話題になっている。

 しかし、『BBC』の番組内で、ガリー・リネカー氏と話していたグアルディオラ監督は「我々がジャッジされるのはいくつタイトルを獲ったかということだと思う。タイトルを獲得出来なければ、それは失敗だったということだよ。私はここにいるのを幸せだと感じているが、成功したかによると思う。マンチェスター・Cのようなビッグクラブでは、結果が残せなければ留まることは出来ないよ」とタイトルの重要性を語った。

 続けて「昨シーズンはとても楽しみだった。勝つのは簡単だった。しかし、何が起こったかは知っている通りだ。我々は今得点を決められる自信がある。それが今の我々の感じていることだ。昨シーズンそれは感じられなかったね。たくさんチャンスを作ってもゴールが決まらなかったからね」とコメント。現在は得点を決められる自信があると語った。

 マンチェスター・Cは次節、30日にアウェイでチェルシーと対戦する。