ほくほくの栗に、香りのよいご飯 。まさに秋の味!/調理=倉持光江 撮影=砂川千恵子

写真拡大

ほかにも「炊き込み・混ぜご飯」のレシピをチェック!

秋になると、急に食べたくなるのが「栗ご飯」。以前は「栗むくの面倒くさいなー」と思っていたO子ですが、先にゆでてしまえば意外と簡単。今では気軽に作れるように。こちらのレシピはもち米入りですが、普通の米だけで作っていただいてもOKです。「もち米を買うのは面倒だけど、もっちり感は欲しい」という人は、普通の米に市販の切り餅1個を加えてみて。1cm角に切った切り餅を米の上にポンポンと散らして炊けば、“なんちゃってもち米感”が楽しめますよ。

 

■ 【栗ご飯】

<材料>(作りやすい分量・4人分)

栗6〜8個(150g)、昆布5cm、米1と1/2カップ(270ml)、もち米1/2カップ(90ml)、いりごま(黒)少々、塩、酒、砂糖

<作り方>

(1)米ともち米は一緒に洗って、水2カップにつけて30分以上おく。栗は半生状に下ゆでする。鍋にたっぷりの湯を沸かし、栗を入れる。表面がぐらぐらするくらいを保ち、約5分ゆでる。火を止めて、そのまま約10分おき、粗熱をとる。皮をむき、2〜4つ割りにする。

(2)1の米に、栗、昆布、塩小さじ1/2、酒小さじ2、砂糖少々を加えて軽く混ぜ、普通に炊く。

(3)2が炊き上がったらさっくりと混ぜ、器に盛ってごま少々をふる。

(310kcal、塩分0.8g、調理時間20分)

 

「生の栗を使うなんて、ハードル高いわ……」という人は、市販の甘栗で簡単にできる「ひき肉の洋風栗ご飯」はいかが?

文=O子