【ライブレポート】MR.BIG、ヒット曲満載! 超絶テクとポップな楽曲で日本のファンを魅了

写真拡大

MR.BIGが、最新アルバム『ディファイング・グラヴィティ』を引っ提げた<JAPAN TOUR 2017>を先週よりスタートした。

東名阪はもちろん札幌、仙台、金沢、広島、福岡と日本全国をサーキットするツアー。公演数も全9回と多めだが、日本武道館は8千人の観衆を動員し、その絶大な人気を再認識させた。20年以上におよぶMR.BIGと伝説のBUDOKANの蜜月関係は、今もなお健在である。
南米やメキシコを回って、メンバー全員が熱くなった状態で日本に上陸。場内が暗転し、ジェイムス・ブラウンの「アイ・キャント・スタンド・マイセルフ」イントロに乗ってステージに上がる彼らから湯気が立っているように見えるほど、最初からホットに仕上がっている。

MR.BIGはもったいぶることがない。1曲目から「ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトル・ボーイ」で一気にフルスロットルに踏み込み、武道館の天井が抜けそうなヒートアップぶりを見せる。スクリーンにはポール・ギルバート(ギター)の描くバンドのイラストがアニメ化されて映し出される。ポールとビリー・シーン(ベース)の必殺ドリル・ソロではアニメの彼らもドリルを手にして、豪華な4大ドリル・コラボレーションを披露した。

その歌声もルックスもまるで時間に置き忘れられたような若さを保ち続けるエリック・マーティンに導かれ、「アメリカン・ビューティ」で観衆はMR.BIGワールドへと引っ張り込まれていく。パット・トーピーの代役マット・スターもタイトなドラミングで楽曲を盛り上げるが、「アンダートウ」が終わったところでエリックは「ちょっと待った。何かが足りないよな?」と問いかける。その答えはもちろん“パット・トーピー”だ。大歓声の中、そのパット自身がステージに登場。スクリーンには彼の笑顔が映し出された。

パーキンソン病を患い、最新アルバムではドラムスをプレイしていないパットはマットの隣に立って「アライヴ・アンド・キッキン」ではタンバリン、「テンパラメンタル」ではパーカッションを叩いていたが、ヴォーカル・ハーモニーをこなし、自分のポジションへの階段も上がるなど、体調は良好そうだ。さらに「ジャスト・テイク・マイ・ハート」では自らドラムスをプレイ、ただでさえ感動的なこの曲をさらにエモーショナルにしていた。それ以降も彼はライヴのほぼ全編、ステージに留まり、ショーへの貢献を惜しまなかった。

MR.BIGのメンバー達がインタビューで口を揃えて言うのは、あまりに名曲・ヒット曲が多すぎて、どんなに長いショーをやっても「どうしてあの曲をやらなかったの?」と文句を言われてしまうことだ。もちろんグレイテスト・ヒッツは聴きたいが、最新アルバムからの曲も聴きたいという貪欲なファンの要望に応えるべく、彼らは新作から「エヴリバディ・ニーズ・ア・リトル・トラブル」「フォーエヴァー・アンド・バック」をプレイ、大きな声援を勝ち取っていた。

新旧、数多くの名曲を誇るMR.BIGだが、それと同時に彼らは世界トップ・クラスのプレイヤーを擁する超絶テクニカル・バンドでもある。ポール・ギルバートはギター・キッズならずとも見入ってしまう速弾きやトリッキーなフレーズを連発。ショーの大半を白のアイバニーズ・ファイアマンで通した彼だが、ソロ・コーナーではショート・スケールのシグネチャー“PGMM31”も弾いていた。

同様にビリー・シーンのベース・ソロ・コーナーもショー後半のハイライトのひとつとなった。チョッパーありタッピングありの怒濤のスーパー・プレイを披露する。ソロから「アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ」へと雪崩れ込む展開は、“ラッシュ=ゾクッとする瞬間”を感じさせた。