【書評】『湯殿山の哲学 修験と花と存在と』/山内志朗・著/ぷねうま舎/2500円+税

【評者】池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)

 山形県中央部にひろがる出羽三山は古来、修験道のお山として知られてきた。月山、湯殿山、羽黒山で宗教的聖域をつくり、そのスケールでいうと、西の伊勢よりもはるかに広大で奥深い。

 三山のうちでも湯殿山は東北最大の霊場として、江戸期を通じて人気スポットだった。全国からの参拝者は六十里街道を西にすすみ、正別当寺の本道寺宿坊に入って入山許可を得た。宿坊の主人は先達でもあって、夏は泊まり客を案内し、冬にはお札を配ってまわる。その本道寺は明治維新の排仏毀釈で寺格を失い、さらに戊辰戦争で堂塔伽藍を焼き払われた。

『湯殿山の哲学』の著者(一九五七年生まれ)は本道寺の宿坊の一つに生まれ、村を出て東京の大学で哲学を学び、現在は慶応大学教授。中世スコラ哲学を専門。ハハーン、西欧に学んだ人が中年すぎて先祖返りして、自分のルーツへ聖地巡礼をしたと思いがちだが、似ていて違うのだ。

「湯殿山とスコラ哲学とはどうように結びつくのか。それは思想史や哲学の問題ではない、結びつく必然性はないし、結びつける必要もない。それらが私の頭の中でどのように結びつくのか、という問題だ」

「一階の客間」で西洋哲学を学び、「屋根裏部屋」で真言密教の禅や湯殿山信仰の本を「隠れ読み」したとも言い換えてある。ひそかな聖地巡歴は独特の二重性をおび繊細で、かつ入り組んでいる。

 月山を手初めに、湯殿山、本道寺、森、雪、水、川、集落、宿坊、修験道のいう千日行、即身仏、詞の女人性、二度にわたる「花」のエレメント……張りつめた散文で、ねばりづよく語りようのないものを語って、繊細かつ二つとない思索の記録を生み出した。

 まわりまわって行きついた先は何もなく、ただこよなく自由な一点、私たちの心性のなかにたしかにあって、物量の洪水のなかで見失い、忘れはてたもの。私はそのように読んだが人それぞれにちがった読み方ができる、そんなフシギな著書である。

※週刊ポスト2017年10月6日号