ユーヴェに痛手、主軸ピアニッチが負傷離脱…アタランタ戦の欠場が確実に

写真拡大

 ユヴェントスは28日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチが、右太ももの屈筋を損傷したことを発表した。

 ピアニッチは当初、26日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節オリンピアコス戦に先発出場する予定だった。しかし、試合開始前のウォーミングアップで右足を負傷。直前になって試合を欠場することが決まった。

 現段階では離脱期間は明らかになっていないが、セリエA第7節アタランタ戦は欠場することが確実に。また、代表戦も招集が見合わされることになるものと見られ、復帰は10月中旬と予想されている。

 ピアニッチはイタリアメディア『Sky』のインタビューに対し「アタランタ戦は欠場することは確実だ。早く復帰できることを願っているが、復帰の時期は分からない。医師たちはまだ具体的なことを何も言っていない」と、自身の現状を説明している。