ノリノリの空港職員たちにも注目!(画像は『Mahshid Mazooji 2017年9月23日公開 YouTube「All Night Long at The Airport」』のサムネイル)

写真拡大

乗り継ぎ便に乗り遅れ、空港で一晩を過ごすことになったら…あなたならどうするだろうか? こみ上げてくる怒りと疲労感。ともすれば最悪の一夜となりかねなかったこの窮地を、空港職員や他の乗客と笑顔で踊り明かすことで乗り切った女性の動画が世界中で大きな反響を呼んでいる。

【この記事の動画を見る】

『Fox News』によると、米ノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス国際空港で一夜を明かさなければならなくなった女性の名は、マフシド・マズージさん(Mahshid Mazooji)。乗り継ぎ便を逃してしまい、空港で予想外の「長い待ち時間」を余儀なくされた。

「一晩中怒りに包まれてただ時間が過ぎるのを待つなんて御免だと思ったの。その代わり大好きなダンスで夜を乗り切ることにしたのよ」と、のちに自身のYouTubeでコメントしている。

「一晩中」をキーワードに彼女が選んだダンスミュージックは、ライオネル・リッチーの『All Night Long』。動画には空港職員や他の乗客とともにダンスを楽しむマフシドさんの様子が収められている。長い一日となってしまった疲労感を微塵も感じさせない軽やかなダンスムーブが実に見事だ。人気の少ない深夜の空港で働く職員たちも、最高の笑顔でマフシドさんの“ダンスパーティ”に参加している。

23日に公開したこの動画は、すでに再生回数が150万回を超えた。「彼女のポジティブな姿勢には見習うべきものがあるね」「笑顔でダンスに参加した空港職員も素晴らしいよ」「あなたのムーンウォークは最高だわ!」など多数の称賛コメントが相次いでいる。中にはマフシドさんに求婚する視聴者も現れた。

暗いニュースばかりが取り上げられがちな世の中だが、彼女の動画は世界中の多くの人々を幸せな気持ちにしてくれたようだ。「笑う門には福来たる」を体現してくれたマフシドさんの微笑ましいこのダンス動画、きっとあなたにも笑顔を運んできてくれることだろう。

画像は『Mahshid Mazooji 2017年9月23日公開 YouTube「All Night Long at The Airport」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 c.emma)