民進党候補者たちは「希望の党」の公認で総選挙を戦うことになったが、小池百合子代表は「全員受け入れることはさらさらありません」と冷たい。憲法改正や安保法制についての考え方が合致するかを一人ずつ見極め、合格者を公認候補とする考えだ。

どんな形で選別作業が行われているのか。新聞情報によると、過去の発言などをもとに「A」「B」「C」とランク付けをしているという。民進党を離党し「希望の党」立ち上げメンバーの細野豪志・元環境相は「民進党の中で三権の長を経験した方々にはご遠慮いただきたい」という。菅直人、野田佳彦両首相経験者は来ても入れないということだ。

安保法制と改憲で踏み絵

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「これじゃあ、細野さんをよく思わない方っているんじゃないですか」

共同通信の太田昌克・編集委員も「安保法制の時は、細野さん自身が政調会長として反対の立場にいた。それなのに『踏み絵』をしている。政治家として自己矛盾ですよね」と批判した。田崎史郎(時事通信社特別解説委員)も「党の公認権を他の党に渡すなんてありえない前代未聞のことが起こっている」と呆れる。

「このまま総選挙に突っ込めば惨敗して民進党は消滅する。だったら希望の党に身売りして生き残れる議員だけでも生き残ろう」というのが前原代表の判断なのだろう。でも、民進党が売ったのは体だけか。心も売ってしまったように見える。