2連勝でグループ首位のミラン、指揮官は苦戦に「改善の必要がある」

写真拡大

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が28日に行われ、ミランはホームでリエカと対戦し、3−2と競り勝った。

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

 2点のリードから一時は同点とされるものの、19歳の新星U−21代表FWパトリック・クトローネの劇的決勝弾で勝利を収めたミラン。指揮官は「ボールのポゼッションの部分をもっと改善しなければいけない。今日はまた新しい経験を積むこととなった。ポジティブだったことは勝利したことだ。試合は、70分間でも支配しなければならない。今日はチームのスピリットを強調する必要がある。チームは大きく一歩前進した」と、苦しみながらも勝利を収めたことが大きかったと語った。

 さらに「守備の面とチームのメカニズムを改善する必要がある。相手はアグレッシブに攻め込んできた。自分たちは序盤にもっと上手く戦うこともできたはずだ。リズムを落としてしまった。どうしてそうなったかを理解しなければならない。恐らく、あまりにもリラックスしてしまったのだろう。今は成長しつつあるところだが、成長しなければいけない。ハードワークして、結果を残すために我々はここにいる」と試合を分析している。