歯を磨いた後の歯ブラシ、きちんと洗えていますか?定期的に買い替える歯ブラシですが、だからと言って手入れを怠って良いわけではありません。歯のプラークや食べかすなどがたくさん付着している歯ブラシは、使用後に洗っておかないと雑菌が繁殖してしまうのです。この記事では、正しい歯ブラシの手入れ方法についてご紹介します。

歯ブラシは歯磨きの前と後に水洗いする

歯ブラシは、歯を磨いた後だけではなくて磨く前にも洗いましょう。歯を磨く前後に、水道から強めの水を流しながら歯ブラシを軽く洗ってください。水を入れたコップの中で歯ブラシをグルグルとかき回す方法でもOKです。歯磨きの後は流水にあてたりコップに浸けるだけではなく、指を使ってブラシの部分を軽く洗いましょう。洗ったら清潔なタオルで水気を取り、しっかり乾燥させてください。水気の残ったまま放置すると、雑菌が繁殖する原因になります。

乾燥しやすく湿気の少ない場所に保管

洗った後の歯ブラシは、なるべく風通しの良い場所でブラシを上にして保管してください。なるべく乾燥した状態で歯ブラシを使うためです。トラベル用などケースに入った歯ブラシは、必ず水気を取ってからケースにしまいましょう。手早く歯ブラシを乾かしたい場合は、ドライヤーなどを使っても良いですね。もし湿っぽい場所や乾燥しにくいに歯ブラシを保管してしまうと、湿気から雑菌が繁殖して歯ブラシが不衛生な状態になってしまいます。歯ブラシを乾燥させるためなら、コップなどに立てかけておくのが一番適切なのです。

漂白剤や除菌・消毒などは行わない

歯ブラシの衛生面を気にして、漂白剤を使ったり除菌・消毒スプレーで歯ブラシを手入れしようと考える人もいます。ですが、歯ブラシの手入れにはなるべく何も使わず、水洗いだけでとどめておきましょう。薬剤を使って手入れすると、歯ブラシがすぐに劣化してしまいます。また、熱湯を使っての手入れも歯ブラシが劣化するのでやめましょう。どうせ定期的に買い替える歯ブラシですから、なるべく劣化を防ぎつつ衛生面を保っていきたいですね。

歯ブラシは1か月に1度交換するのが理想

歯ブラシを買い替える目安は、「ブラシの毛先が開いている」ときや「ブラシの色が変色したとき」などですね。もし毛先が開いていなくても、ブラシの弾力が落ちてきているようであれば交換した方が無難です。大体1か月に1度のペースで交換すると良いですね。最低でも2か月に1度は交換しましょう。不潔な歯ブラシを使い続けると、虫歯や歯周病、 口内炎を招いてしまいます。


writer:さじや