wsZappos170929-1.jpg

写真拡大 (全4枚)

<ダウンタウン中心部にオフィスを移転したアパレル・オンライン通販のザッポス。社員自らがつくり込んでいった新オフィスは、コミュニティに開かれ、会社と街がともに成長していくビジョンを体現している>

ダウンタウン地区と共存共栄するザッポス本社[Zappos.com]

アパレル関連のオンライン通販を展開するザッポス。マニュアルなし、24時間年中無休のコールセンターに365日以内返品OKなど、その徹底的な顧客サービスは高い評価を受けた。

ザッポスはまたユニークな「10のコアバリュー」を組織に根付かせていることでも知られる。「サービスを通して『ワオ!』という驚きの体験を届ける」「変化を受け入れ、変化を推進する」「楽しくて、ちょっと変わっているものを創造する」などだ。

ここラスベガス・ダウンタウン地区の中心に位置する新オフィスは、これらコアバリューを体現するものだ。

移転を決める以前、ラスベガス郊外にオフィスを構えていた頃から、いくつかのビジョンがあった。グーグルやアップルのような、オフィスキャンパスとなる場所であること。様々なアメニティを地元コミュニティに提供しながらともに1つの街をつくりあげていくこと。

そんな折、ダウンタウン地区の旧市庁舎が空いていることを知り、2013年に現オフィスに移転した。ダウンタウン地区はかつての中心的なカジノ街であり、むしろ衰退傾向にあったが、新しいコミュニティを作るには好都合だった。

オフィスは、各チームがその個性を生かしてカスタマイズ。この一角には動物園とタイアップした際に作ったという動物の人形が飾られていた。

1階人事部のオフィス。ジャングルをイメージさせる大ぶりな観葉植物に囲まれている。

154あるミーティングルーム。かつては各部屋に実在するホテル名がつけられていたが、実際にホテルに向かう間違いが多発し、数字のみの表記となった。

(左上)外壁のストリートアート。ダウンタウンはラスベガス発祥の地。古き良き街並みが残るが、反面、裏通りには寂れたムードも。アートでそれを華やかにしようという意図。(左下)ザッポスのカルチャーブックは有名。社内外に企業カルチャーを浸透させるツールとして活用される。(右)回廊には取引のある企業のロゴが掲載され、つながりを大切にするザッポスの姿勢を感じさせる。

WORKSIGHT