トッテナムとウェストハムに罰金処分…1分間で4枚のイエローカード

写真拡大

 トッテナムとウェストハムの両クラブは、イングランドサッカー協会(FA)から罰金処分を科せられる。

 23日に行われたプレミアリーグ第6節で、トッテナムは3−2でウェストハムを下した。しかし後半アディショナルタイム、ファウルを機に両チームが入り乱れ、主審のマイケル・オリヴァー氏が1分間に4枚のイエローカードを出す事態にまで発展している。

 イギリス紙『イブニング・スタンダード』によると、FAは「両チームは選手を守れなかった。よってトッテナムとウェストハムの双方に2万ポンド(約300万円)の罰金処分を下す」と発表した。

 トッテナムは30日にハダースフィールドとアウェイで、ウェストハムはスウォンジーとホームでそれぞれ対戦する。