画像提供:マイナビニュース

写真拡大

TISインテックグループのクオリカは、コマツのIT部門からの独立に端を発する企業。精緻な生産管理や複雑に連動するサプライチェーンをITで支えてきた同社は、そのノウハウを活かし、外食産業向けソリューションTastyQubeや小売業向けSpecialtyQube、取引先との細かな受発注をクラウドで容易にするWeb-EDIサービス EDIQubeなど、流通やサービス業におけるソリューションも展開している。

29日、クオリカは流通業向けシステムの構築で得た知見を活かし、多様な業種でも利用可能なシフト作成・勤怠管理ソリューション「TimeManagementQUBE」の提供を開始した。勤務時間が1つに固定されないシフト制の勤怠は、繁忙時間に応じて各人の勤務時間が異なる複雑な勤怠管理が必要になる。

「TimeManagementQUBE」は、クラウド型で提供されるため、スマホやタブレットを利用し、各人の希望シフトの登録や参照、希望を集計したシフトの作成や欠員が出た場合のマッチングなどを手軽に行える。

また労務状況のチェックやアラートなど法令遵守のための機能も搭載しており、通常勤務に比べて複雑になるシフト制の勤怠管理をスムーズに行えるほか、月額利用での短期導入が可能で、現在運用している人事・給与システムとの連携もカスタマイズで対応できる。