画像提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『QRコードはWEBページを開くためのものなの?』という質問に答えます。

***

iOS 11の『カメラ』には、QRコードを読み取る機能が追加されました。これまでQRコードの読み取りはシステムレベルでサポートされていなかったため、サードパーティー製アプリの力を借りてきましたが、iOS 11からはシステム標準の機能となりました。

そのQRコードですが、WEBページを開くためのもの……ではありません。QRコードの構成とされる白黒の正方形(セル)の数に応じてデータ容量が決まりますが、どのような情報を持つかは限定されていないため、いろいろな情報を持つことができます。

とはいえ、QRコードにはせいぜい数百、長くて千文字程度の情報量しか持たせないことが多く、WEBサイトのURLやアドレス帳データを不特定多数に知らせる用途に使われることがほとんどです。

iOS 11の『カメラ』も、基本的には短いデータを念頭にデザインされていますが、扱えるデータの種類は豊富です。実際にたくさんのQRコードで試したところ、内容がURLの場合は「WEBサイトQRコード」、文章(テキスト)のみの場合は「テキストQRコード」、メールアドレスを含む場合は「メールQRコード」、住所を含む場合は「マップQRコード」……など、内容の判別まで自動的に行ってくれます。

この事実からすると、iOS 11におけるQRコードのサポートはWEBページを開くためだけのものとは考えられません。QRコード自体がそうであるように、メールアドレスや住所、電話番号といった情報を読み取るためのツールとして位置付けられており、しっかりと機能します。だいぶ以前から存在する技術ですが、誰でもすぐに慣れる撮影という行為をユーザインターフェイスとしていますから、iOS 11でのサポートを機に利用頻度が高まるかもしれません。