車用品の販売等を手掛けるオートバックスセブンは9月26日より、スマートフォンで撮影したタイヤの写真から、タイヤの摩耗状態を調べられるサービス「かんたんタイヤ画像診断」を開始しました。

AIが事前に登録された画像と照らし合わせて診断

かんたんタイヤ画像診断は、米IBMのAI「IBM Watson」の画像認識機能を活用した、タイヤの摩耗状態を診断する無料サービスです。
 

 
サービス利用方法はとてもシンプルです。
 
利用者はスマートフォン等でタイヤの画像を撮影し、「かんたんタイヤ画像診断」のページへアクセス、タイヤ画像をアップロードします。
 
投稿した画像は、あらかじめ登録されている数百枚に及ぶ様々な状態のタイヤ画像の中から近似する状態のものをIBM Watsonが判断し、摩耗状態を「大」「中」「小」の3段階で表示します。
 
なお、診断できるタイヤはいまのところ乗用車用のノーマルタイヤのみとなっており、冬用のスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤ、へん平率が極端なタイヤに関しては診断の対象外です。
 
近年は自動ブレーキ技術が搭載された車が増えるなど、車に対して安心・安全性を求めるドライバーが増えていますが、一方で平日は車をほとんど利用せず、土日限定で乗る「サンデードライバー」も増加していると言います。
 
オートバックスは、車のメンテナンスに詳しくないドライバーが「かんたんタイヤ画像診断」サービスを活用し、タイヤをきっかけに車のメンテナンスに関心を持つことで、より快適なカーライフを送ってほしいと述べています。
 
 
Source:オートバックスセブン
(kotobaya)