子供が楽しくサッカーをする環境とは?【写真:Getty Images】

写真拡大

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――子供が夢中になれる環境を

 小さな子供たちがボールを追いかけて走り回る。ぶつかって転んで、立って走って、泣いて笑って怒って喜んで。

 みんながサッカーに夢中になっている、そんな風景ってとても素敵だ。いつまでも眺めていたい。だからそうした風景を子供たちが見られるように、大人は環境を準備してあげることが大切だと思う。

 例えばドイツでは、幼稚園児のサッカー環境についても真剣に議論している。彼らに必要なフィールドの広さ、人数、ボールの大きさ、大人の接し方。8対8とか、11対11とかはもちろんない。試合形式はGKを入れて5対5が基本。フィールドの大きさは20×15メートルのサイズ。試合開催の頻度についても、様々な修正が加えられてきている。

 ミッテルライン州では「スポーツフェスト」という名前での開催を推奨している。1か月に1回程度、4チームによる総当たり戦の形式で、“試合”ではなく“お祭り”としてのイベントなのだ。

 これだと、たしかに子供たちもみんな楽しく参加することができる。5対5で20×15メートルのサイズなら、それぞれの子どもたちがサッカーゲームに関わりやすい。またゴールに関してもコーンやミニゴール、あるいは少年用ゴールを使うならばロープなどで半分の高さで区切ることを提言している。小さな子供がどう頑張っても届かない高さにシュートを打たれたら、どうしたって止められないからだ。

「この年代の子供たちはまだサッカーが全てではない」

 それを「どうしようもないからしょうがないね」で終わらせるのか。あるいは頑張ればなんとかなるルールにすべきなのか。大人側からのアプローチで、環境はいくらでも改善することができる。

 ドイツ・サッカー連盟の公式ホームページで、ミッテルライン州サッカー連盟専任指導者マルクス・シェンクさんの興味深い見解を見つけたので、ここで引用して紹介したい。

「子供やそのご家族が、サッカークラブへの一歩を踏み出しやすい環境を整えたい。この年代の子供たちはまだサッカーが全てではない。他にも楽しいことをたくさんやりたいし、他にも楽しいことをいろいろとやるべき時だ。試合が多すぎるのは良くないし、“試合”という形で開催するのも考えるべきだと思う。そうすることで大きくなってもサッカーをやりたい! と思う子供が増えてくれれば、みんなにとってプラスになる」

 ルールやオーガナイズを最適化してあげることで、子供たちにサッカーそのものを体験してもらい、それを通してサッカーの楽しさを伝えていく。人数が多すぎたり、フィールドが広すぎたりしてほとんどボールに触れない形式は、“サッカーっぽい”別の何かでしかない。子供たちが自然と必要なことに向き合い、大事なことを学べる環境を作ることが大切なのだ。

【了】

中野吉之伴●文 text by Kichinosuke Nakano

◇中野吉之伴(なかの・きちのすけ)

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。