(左から)南條史生実行委員長、蜷川実花

写真拡大

 六本木の街を舞台に9月30日から10月1日にかけて一夜限定で行われるアートイベント「六本木アートナイト 2017」がプレスプレビューを開催し、メインプログラム・アーティストの蜷川実花をはじめとするプログラムが公開された。
 蜷川実花は今年のテーマ「未来ノマツリ」に基づき、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3会場に大型インスタレーション「Tokyo Followers 1」を発表。鳥かごや木馬などの私物、自身が初めて監督した映画「さくらん」で使用した小道具、父・蜷川幸雄が使っていた自動販売機などの撮影道具を活用し、極彩色の空間に仕上げた。同作品はフォトスポットにもなり、SNSで広まることで「鑑賞者と発信者(創る人)が混在し、リンクしていくことで大きな作品になっていくと思う」と期待を寄せた。普段は写真家として活動する蜷川が立体物を手掛けるのは珍しく、写真を素材として使用したのは一部のみ。「想像していたものが実際に立体となって、物理的な強さを感じた」と感想を述べ、「イベントを通じて"アートが楽しい"と思ってもらえたら嬉しい」と開幕に向けてアピールした。
 蜷川の作品に加えて、今年の大きな特長の一つとして「東南アジア・プロジェクト」を実施。東南アジアのアーティストや同エリアにゆかりのある日本人アーティスト計3組を招聘し、アーティスト集団ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブは代表作である巨人彫刻「ヒガンテス」を披露する。その他、蜷川らによる「TOKYO道中」といった街中でのインスタレーションやパフォーマンス企画を多数用意。森美術館館長で六本木アートナイト実行委員長を務める南條史生は「東京五輪を見据え、お祭りや文化、アートの力で東京の街を盛り上げていきたい」と話した。