画像提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱重工業は11月30日、国産初のジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」をテーマとする展示施設「MRJミュージアム(MRJ MUSEUM)」を、名古屋航空宇宙システム製作所 小牧南工場内のMRJ最終組立工場(愛知県豊山町)にグランドオープンし、MRJの開発・製造を担う本拠地で、MRJに込められた最先端技術を体感できる施設として一般公開を開始する。見学の申し込みは完全事前予約制で、10月末から受け付けを予定している。

MRJミュージアムは、既存施設に隣接して新設されたMRJ最終組立工場の5階フロア約1,150平方メートルに展示室を設け、来館者は2階でMRJ実機の製造作業を見学できるような構造となる。5階の展示室にはMRJの胴体やエンジンなどの実物大模型を設置。MRJのスケールをリアルに実感でき、これらを確認しながら各展示物を見学できる。

技術開発に関する展示では、実物大のフライトデッキや客室空間から、操縦性や快適性にこだわった設計、MRJの随所に組み入れられた日本的デザインなどを体感。最先端映像で、航空機の基本原理やCFD(数値流体力学)解析による空力設計、燃費性能が非常に優れ排ガス対策・騒音レベルが大幅に改善された次世代航空機エンジン(GTFエンジン)など、MRJに採用された先端技術について紹介する。

生産に関する展示では、MRJが高い信頼性と安全性を実現する高度な品質管理により組み上げられていることを、IT(情報技術)を活用した仮想体験や実機と同じ物の部材や素材に触れることを通じて学習できる。

愛知県は、岐阜県ほかの中部地域とともに国から「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の指定を受け、その中核地域として当社の小牧南工場がある県営名古屋空港周辺地域に航空機産業に関連した事業所や文化・展示施設を積極的に誘致している。MRJミュージアムもこの構想に応えるもので、近隣で同時開業の愛知県が整備する「あいち航空ミュージアム」とも連携しながら、中部地域の航空宇宙産業集積地構想を盛り上げていく。

MRJミュージアムの場所は、愛知県西春日井郡豊山町大字豊場1で、開館時間は10:00〜17:40(最終入館16:10)。休館日は毎週火曜日となる(土日祝日とゴールデンウィーク・お盆は開館、年末年始休館)。