※写真はイメージ

写真拡大

アメリカ現地時間、2017年9月25日に行われた、シカゴ・カブス vs セントルイス・カージナルスの試合で、優しさの連鎖が生まれました。

観客は呆然、しかし…?

スポーツの試合では、思わぬハプニングがつきもの。

この日の試合でも、シカゴ・カブスのアディソン・ラッセル選手がファールボールを追いかけていった先で、観客と衝突してしまうハプニングが起きてしまいました。

しかも、ただ衝突してしまっただけではありません…。

問題のシーンは、動画の10秒あたりから見ることができます。

メキシコの料理で、おつまみとしてよく食べられている『ナチョス』を持っていた男性。しかし、選手との衝突により台無しに…!

突然の出来事に、男性は一瞬、呆然とした表情を見せます。

しかし、試合の合間にアディソン選手は、ナチョスを持って駆け寄ってきてくれたではありませんか!

さらには、自ら手渡し、2ショット撮影にも応じてくれる神対応ぶりに、観客たちの顔にも笑顔が浮かびます。

そしてその後、再び心温まる出来事が起きたのです!

優しさの連鎖

試合は進み、ファウルボールが観客の近くまで転がってきた時のこと。

幸運にもボールをゲットしたのは、さきほどナチョスをプレゼントされた男性でした。

ボールを手にして嬉しそうにしていた男性でしたが、その後…。

なんと、近くにいた野球少年にボールをプレゼントしたではありませんか!

これぞ優しさの連鎖!

見ているほうの心も温かくなる出来事に、多くの人が称賛のコメントを寄せました。

自分が受けた優しさを、別の誰かに返す…。なんて素敵なんだ!彼の姿勢を見習いたいものだね。優しさは連鎖することが証明された。

誰かに優しくされると、とても嬉しくなり、その気持ちを誰かと共有したくなります。この男性のように、行動で共有することができるのは、とても素晴らしいですよね!

自分も優しい人間でありたい…そう思わされる素敵な出来事でした。

[文・構成/grape編集部]