劇的決勝弾の19歳クトローネ「チームメイトのおかげ」勝利に喜び爆発

写真拡大

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が28日に行われ、ミランはホームでリエカと対戦し、3−2と競り勝った。

 試合終了直前に決勝弾を叩き込んだU−21イタリア代表FWパトリック・クトローネが、試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

 チームに勝利をもたらした19歳の点取り屋は「ゴールした後ベンチに向かい、仲間と抱き合った。彼らのおかげでゴールできたんだ。勝利することが重要だった。今はこの勝利を満喫し、明日からは日曜日の一戦を考えなければならない。前節のサンプドリア戦では敗れている。巻き返さなければいけない」と勝利に喜びを爆発させた。

「カリニッチとシルヴァはとても素晴らしいセンターフォワード。みんなで助け合っていかなければいけない。スソもトップをやれるだろう。自分は、じきに4人全員でプレーできると思っている」とポジションを争うプレーヤーを高く評価していることを明かしている。