画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBMは、関西地域で新しい「クラウド・データセンター・ソリューション」の提供を開始すると発表した。これは、ローカル・ソリューションとして提供するもので、IBM Cloud東京データセンターと、セコムトラストシステムズのデータセンターのサービスを組み合わせて利用できる。

同社は、国内データセンターからIBM Cloudを提供することで、国内での保有が求められている機密データの活用や保管が可能で、データの保管場所やプライバシーに関して高まる業界の課題に対応するとしている。