「傑出したプレーだった」とベンゲル称賛 アーセナル“ガラスの10番”が復活アピール

写真拡大

ELの敵地BATEボリゾフ戦で2得点を演出したウィルシャー

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が現地時間28日に行われ、アーセナルはBATEボリゾフ相手に敵地で4-2と快勝を収めた。

 この試合で躍動したのがMFジャック・ウィルシャーで、英衛星放送「スカイ・スポーツ」はアーセン・ベンゲル監督が手放しで称賛したと報じている。

 前半9分、FWオリビエ・ジルーとのワンツーでペナルティーエリア左に侵入したウィルシャーは、ゴール前に柔らかなクロスを送る。これをイングランド代表FWテオ・ウォルコットが頭で叩き込み先制。アーセナルらしい崩しによって勢いに乗ると、4点目のジルーのPKも導き出したのはウィルシャー。チームが2失点したのは“ご愛嬌”とはいえ、中盤でのゲームメイクは存在感を放っていた。

 ベンゲル監督は「前半、傑出したプレーぶりだった」とウィルシャーを称賛し、以下のように続けている。

「彼は最初から最後まで戦った。自分自身の最善を尽くしていることを示していた。選手はキャリアのなかで、普通ならばベストの時期に差しかかっている。ただ彼は何度も負傷してきたからね」

「彼はまだフットボールを失っていない」

 ベンゲル監督が口にした通り、ウィルシャーは度重なる怪我によって“ガラスの10番”のイメージがついて回った。それに加えて、ナイトクラブでは男性との口論によって警察沙汰になるなど、近年はピッチ内での活躍とは縁遠かった。それだけにベンゲル監督は「私はただ祈っている。彼が負傷やそれ以上の問題で妨げられることなく、成長していくところを見たいのだ」とし、こうも話している。

「彼はまだフットボールを失っていないことを自分自身で証明している」

 昨季リーグ5位に終わったことで今季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃し、ELでの戦いを余儀なくされているアーセナル。巻き返しを図りたいフランス人指揮官にとって、ウィルシャーの復調は本人以上に嬉しいものなのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images