インテルがエジル獲得に挑戦か…会長「我々が目指している選手の一人」

写真拡大

 インテルの会長を務めるエリック・トヒル氏が、獲得の噂があるドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)について明言した。イギリス紙『デイリーメール』が28日付で報じている。

 現在28歳のエジルは、アーセナルとの契約が2018年6月までとなっており、現状のままなら来夏にはフリーで他クラブに移籍することができる。エジルは契約延長を拒否しており、2018年の1月、もしくは7月にクラブを退団するとみられている。

 トヒル氏は「彼は間違いなく、我々が目指している選手の一人だよ」と述べ、1月の移籍市場ではエジルが“ターゲット”であることを明言した。しかし一方で、「(スイス代表FW)ジェルダン・シャチリと(元ドイツ代表FW)ルーカス・ポドルスキを獲得した2015年のように、冬の移籍が必ずしも成功するとは限らない。見極めが難しいよ」と慎重な様子を見せている。

 エジルは2013年にレアル・マドリードからアーセナルに加入。チームの中心として活躍を見せる一方、“ビックゲーム”での勝負弱さや試合から消えてしまうことを度々批判されてきた。

 今シーズンはプレミアリーグ5試合に出場しているが、ゴールやアシストを記録しておらず、結果は残せていない。