画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●大型バスやトラックも使った大規模訓練

地震国“日本”……東海地震や首都直下型地震の可能性が常に取りざたされている。巨大地震が発生した際には、人命救助や食料援助、水道・電気の復旧などが急がれるが、こうした任務に就く緊急車両の通行ルートを確保することが重要になる。

首都高速道路(以下、首都高)は、9月1日の“防災の日”に先立ち、「緊急対応訓練」をメディアに公開した。場所は中央環状線大井北換気所の敷地内で、強い日差しが降り注ぐなか、数多くの職員とメディアが集まった。

この日の訓練の目的は「軽量素材を用いた迅速な道路啓開作業の習熟・検討」というもの。“道路啓開(けいかい)”とは聞き慣れない言葉だが、首都高の説明によると「災害時に緊急車両の通行のため、放置車両等の移動、応急復旧工事(簡易な段差補修等)により救援ルートを切り啓くこと」らしい。

首都高は、首都直下型地震の際、「東名」「中央」「関越」「東北」「常磐」「京葉」「アクアライン」「横羽」の8方向からの救援ルートを想定。重大な被災により車両通行が不可能な箇所を避け、軽微な被災で済んだ道路を組み合わせて救援ルートを設定する。その際に、各高速道路を結ぶ東京外環や中央環状などの役割が重要になってくる。

訓練の様子をみてみよう。首都高の訓練といえば、3月にも開通前の路線を利用したトンネル火災消火訓練を見学させていただいたが、警察・消防・首都高が参加、実際の事故車を使った規模に驚いたことがある。それを経験していたので、「今回もきっと実車を使った大規模なものだろう」と予想していた。現場に到着してみると、案の定、乗用車3台、大型トラック1台、大型バス1台という規模の被災現場がつくられていた。

○マグニチュード7.3の地震発生を想定

さて、状況はこうだ。「都心南部直下地震発生、マグニチュード7.3、首都高管内最大震度6、一部震度7」というもの。この地震により、首都高の複数箇所で高架橋の支承(橋桁を支える部分)がはずれ、橋梁の繋ぎ目に30cmの路面段差および50cmの開きが発生。この路面段差に一般車両が乗り上げ立ち往生、後続車両も滞留し通行できないという想定だ。すでに滞留車のドライバーおよびバスの乗客は降車し、避難階段から脱出したという想定だ。

この現場に、パトロールカーが到着。パトロール隊はクルマから折りたたみ自転車を降ろし、現場の状況確認のため急行。路面段差に乗り上げた乗用車を確認すると、その状況を無線連絡する。50cmの開きが生じているが、自転車ならば手前で降りそれをまたぐことが可能だ。

●滞留車を安全な場所へ移動

続いてほかのパトロールカーやレッカー車が到着。各職員によるミーティング後に、レッカー移動作業に入る。まず、滞留しているクルマを移動するために車内を確認するが、ドライバーは避難しているので、施錠されサイドブレーキがかかっている。これではレッカー移動はできない。そこで、窓ガラスを破壊し、車内に乗り込み、レッカー可能な状態にしていく。道路管理者は、緊急時には車体の一部を破壊することが許可されているそうだ。

まず、最後尾の10トントラックをパトロールカーで引っ張る。以前から「なぜ高速のパトロールカーは大型4駆なのだろう?」と思っていたが、こうした事態にトルクが必要になるのかと、合点がいった。担当者によると、トルクだけでなく「さまざまな天候に対応しやすい」「レインボーブリッジなど強風が発生する箇所で走行が安定する」といったメリットもあるそうだ。

パトロールカーでトラックを後方に引っ張り、トラックとその前方の乗用車にスペースが生まれると、そこに大型レッカー車が移動。トラックの前方をつり上げ後方へと押し下げていく。続いてバスをレッカーで引っ張り、乗用車は「ゴージャッキ」と呼ばれる機材で車体を持ち上げ、そのまま人力で押していく。こうして、滞留した4車体は道路上の安全な場所へと移動された。

○段差に乗り上げた車両をつり上げる

残るは路面段差に残された1台。そのまま後方に引っ張ると、50cmの開きに車体が落下してしまう。そこで、レッカー車のクレーンで車体前方をつり上げ、慎重に後方へ移動。前輪が開きを越えたところで車体を降ろし、安全な場所へ移動させた。

●軽量な機材で迅速に補修作業を完了

これでパトロールカーや救援車両の通行を妨げる滞留車は除かれたが、問題は路面段差と道路の開きだ。これを簡易補修すべく、機材を積載したトラックと掲示板搭載車が到着。まず、土のうを開きの手前に敷き詰めている。この土のうは新開発された「軽量土のう」で、約5kg。これまでの土のうが約25kgだったのに対し、非常に軽い。道路の簡易補修は人力に頼ることが多く、25kgだとひとつずつしか運べない。だが、軽量土のうなら複数運べ、迅速な作業が行える。訓練では片手に2個ずつ、計4個を運ぶ姿もみられた。

続いて、軽量土のう手前にスロープを組み立てていく。こちらも軽量素材でできており、迅速に運搬可能。スロープができあがると、さらに軽量土のうを積み上げ、路面段差とスロープの高さを合わせる。そして、「F-Deck」と呼ばれる軽量渡し板を、開きの上に設置して“ペグ”のようなもので土のうに固定していく。最後はゴム製のマットを3枚被せ、針金の番線でそれぞれを固定していく。このとき、進行方向手前のマットを上にしていけば、車両がとおってもズレにくくなる。

こうして簡易補修は完了。補修に取りかかってから、作業終了までは約20分ほどだった。そして、補修機材を運んだトラックやパトロールカー、レッカー車が、簡易補修箇所を移動していく。もし、この先に同じような箇所があれば、やはり簡易補修していく想定なのだろう。

一連の訓練のあと、試行中だというドローンによる道路状況確認のデモンストレーションが行われた。ドローンに期待される目的に「災害時の被害確認」が挙げられるが、まさにそれに沿った利用用途だ。首都高では、このほか平時の橋梁点検に利用するドローンも試行している。実用化の時期は決まっていないが、双方ともドローンの可能性を期待できる施策といえよう。

○怠らない訓練が緊急時に生きる

さて、トンネル火災消火訓練の際は、警察や消防の姿がみられたが、今回は首都高の職員、および提携する関係者しかみられなかった。それはそうだろう。大地震のような大型災害が生じた際は、警察は交通規制や避難誘導、被災者探索・救助など、消防は火災消火や人命救助・病院搬送など、それぞれが役割を果たさなければならない。そして、道路管理者は救援ルート確保の責を負う。この際、ほかの道路管理者との協力、国土交通省や自治体との連携が“密”でなければならないことは、いうまでもない。

大地震が発生しないことに越したことはないが、いざ発生したときに迅速な対応ができないというのも大きな問題といえる。

今回の訓練を見学させていただいて、災害現場の最前線では“人”こそ大切なのだなと改めて思った。正確な状況確認ができる判断力、判断をもとに的確な作業を行う実行力、人の力を十二分に引き出す機材……訓練、機材の研究開発は、決して欠かしてはいけないといえよう。