GM、クライスラーと並ぶアメリカの大手自動車メーカーである「フォード」。残念ながら、2016年に日本市場からは撤退してしまいましたが、世界各国ではいまなお存在感のあるブランドであることは疑いようもありません。

過去、2度に渡って自動車会社の起業に失敗したヘンリー・フォードの三度目の正直として、1903年に創業を開始したフォードは、1908年に製造した「モデルT」で部品互換性の向上と流れ作業による製造の効率化に成功。これまでを凌ぐペースでの大量生産を実現。日本はもちろん、自動車産業全体の発展を刺激したという話は有名です。

現在では多彩な車種が開発・製造されていますが、その中でもフォードの象徴たる一台といえば、やはり「マスタング」です。

1964年、「野生馬」を意味するネーミングを始め、猛々しさに満ちたスポーティなスタイルで登場した初代モデルは、標準装備を簡略化することで車両本体価格を下げたことや好景気もあり、第二次世界大戦後に生まれ育った若者から支持を集めたと言います。

ちなみに、「マスタング」は当初「トリノ」という名前での発売が予定されていました。しかし、ヘンリー・フォード2世がイタリア人女性と不倫しており、そのスキャンダルを受けてイタリアの街を想像させる「トリノ」から「マスタング」へ変更を余儀なくされたとか、されなかったとか……

1969年には2代目へとフルモデルチェンジ。長いフロントノーズやボディ後端に向かって緩やかに下降するルーフラインは初代モデルと共通でしたが、ボディサイズと価格は全体的に上昇。また性能面ではレース用ホモロゲーションモデルとして新たにBOSSシリーズを追加するなど、より高性能化が計られましたが、1970年代のオイルショックを受けて販売は低迷。

それを受けて登場した3代目は全体のプロポーションこそ踏襲するもののボディサイズを小型化。低燃費化のため当初はV8の搭載も予定されていなかったと言います。

初代から徐々に獰猛さが抑えられてきた「マスタング」。1979年の4代目も小型化の影響を受け、ついにエンジンは2.3L 直4ターボを搭載。また、デザインも角張った造形へと大幅に刷新されました。

しかしながら、1980年代初頭には再び好景気を迎えた結果、これまでとは逆にハイパフォーマンス指向が再燃。1993年に登場した5代目ではプラットフォームを踏襲することでボディサイズを維持しつつ、一方でエンジンは3.8L V6と5.0L V8が用意されました。

2005年デビューの6代目では「リビングレジェンド戦略」に基づき、初代モデルで好評を博した流麗で力強いルックスを取り戻すことにも成功。

2015年に登場した7代目もそのデザインをベースに洗練されたほか、エンジンは怒涛の性能を誇る5.0L V8と環境性能を考慮した2.3L 直4ターボを搭載。さらに、左側通行の国での販売も促進するために右ハンドルを用意するなど、これまで以上に市場を取り巻く事情へ配慮するほど意欲に溢れていました。

日本でも台数限定の先行導入が行なわれ、右ハンドルモデルやV8搭載車の販売が本格スタートするはずだったのですが、先述したようにフォードの撤退で計画は白紙に。

これからというタイミングだっただけに残念な結果となりました。再び、日本を駆け抜ける姿を期待したいです。

(今 総一郎)

会社とともに時代を駆け抜けてきた「野生馬」【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フォード編】(http://clicccar.com/2017/09/29/515124/)