グレン・ヒューズ「リッチー・ブラックモアは変人。でも、ずっとプレイし続けて欲しい」

写真拡大

グレン・ヒューズは、リッチー・ブラックモアは変人ではあるが、一緒に過ごした時間は素晴らしく、彼には幸せでいて欲しいそうだ。

◆リッチー・ブラックモア画像

『Metal Talk』のインタビューで、元バンド・メイトについて問われたヒューズはこう答えた。「リッチーについて俺が言わなきゃならないのは、彼はいま72歳だってことだけだ。俺もラッキーだったら72になれる(現在66歳)」

「リッチーは変人だ。あらゆる面でね。俺が望むのは、彼には幸せな人生を送って欲しいってことだけだよ。彼は、幸せじゃないって話をしてる。怒ったり、自分のやりたいことならなんであれやりたがる。何をするのであれ、彼は変わり者だ。でも、俺は彼の幸運のみ願ってる。俺は彼と一緒にやっていて素晴らしい時間を過ごした。彼には永遠に続けて欲しい」

ヒューズは以前、リッチーから新生レインボー(リッチー・ブラックモアズ・レインボー)へ参加しないか誘われたが断ったと、その理由をこう説明していた。「だって、彼は…、面白いことに、彼は無名のシンガーを起用したがっていたからね。“俺向きじゃない。俺はやらない”って言ったよ。俺はすでにデイヴィッド(・カヴァデール)とやってて、それに満足していた。もう一度やりたいとは思わない。俺は、“ノー・サンキュー。君にはホントに会いたいが、いまの俺にはできない”って言ったんだ」

ヒューズは先週金曜日(9月22日)ジョー・ボナマッサ、ジェイソン・ボーナム、デレク・シェリニアンと結成したブラック・カントリー・コミュニオンの5年ぶりの新作『BCCIV』をリリースしたほか、来年初めに発表予定のジョー・サトリアーニのアルバムに参加している。

Ako Suzuki