私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第2回
W杯3連敗。成田空港「水かけ事件」〜城 彰二(1)

 1998年6月29日──。

 新東京国際空港(現・成田国際空港)には、初めてW杯(フランス大会)で戦ってきた日本代表を出迎えようと、多くのサポーターやファンが集まっていた。選手たちがゲートから出てくると、大きな歓声が上がり、ファンは興奮状態となり、ロックのライブ会場のような異様な雰囲気に包まれた。

「ありがとぉ〜」「よくやったぁ!」

 そんな声がロビーのあちこちで響いていた。そして、左右に分かれたファンの間を、城彰二は中西永輔のあとに続いて歩いてきた。

 すると突然、「ふざけんな」という怒号が響いた。と同時に、城の周囲がざわつき、緊迫した空気が流れた。

「最初、何が起きたのか、自分もわからなかった。何ともなしにスーツを見たら、濡れていた」

 城は、あの瞬間を思い出したかのように、複雑な表情を浮かべた――。


日本中が熱狂した1998年W杯。その当時を振り返る城彰二

 1998年フランスW杯グループリーグ第3戦、ジャマイカ戦(6月26日)の前日、城は第2戦のクロアチア戦(0-1/6月20日)で痛めた右足を治療していた。負傷した右膝は水がたまるほど悪化し、岡田武史監督からは「(ジャマイカ戦の出場を)やめるか?」と聞かれたが、城は「出ます!」と即答した。

 試合当日、膝の水を抜いて、試合開始10分前に痛み止めの注射を打った。ドクターからは、「膝の痛みが大きいので、麻酔が効くのは20分程度。それ以降、(痛みでプレーが)難しくなったら、交代してもらうように」と言われた。しかし、そんなドクターの忠告は、城の耳には一切届いていなかった。

 膝が壊れても試合に出たい――城は悲壮な決意をしていた。

「もう、とにかく『結果を出したい』という気持ちだけ。ほんと、それだけしかなかったね。大会前、カズさん(三浦知良)が落選し、俺が”エース”になった。アルゼンチン戦(0-1/6月14日)、クロアチア戦と戦って、いい感触のシュートもあったけど、点には結びつかず、勝てなかった。その責任を感じていたし、最後の試合は勝つのはもちろん、”エース”として結果を出す、いや結果を出さないといけないと思っていた。だから、膝(の状態)うんぬんではなく、(試合には)出ないといけないと思っていた」

 W杯登録メンバーは、フランスW杯直前のスイス合宿で発表された。その際、岡田監督はカズ、北澤豪、市川大祐の落選を伝えると、「城をエースにして戦う」という宣言もした。

 城は、岡田監督から直接、そういう言葉をかけられたわけではなかった。自らがエースになることは、メディアを通して耳に入ってきた。

 その翌日、自分を取り巻く環境や周囲の視線が大きく変わったのを感じた、と城は言う。

「カズさんがいなくなった翌日のトレーニングから、メディアにすごく注目されるようになった。チームでも、戦術的な練習では俺にくさびを入れて(ボールを)集めて、というのをやるようになったし、チーム内での(自分の)立ち位置が変わって、チームメイトの、俺を見る目が変わったのも感じた。俺自身は何も変わらないのに、そういう特別な視線で見られて戸惑ったし、『俺が軸でいけるのかな』『エースのポジションでやっていけるのかな』って、かなり不安になった。

 それまでも、ずっとスタメンで試合に出ていたら、多少は余裕を持ってやれたのかもしれないけど、俺は最終予選もずっとサブだったからね。そんな選手がいきなり『エースだ』って言われても……。ほんと、あのときから、今までに感じたことがない、強烈なプレッシャーを感じるようになった」

 一挙一動が注目され、日本のエースストライカーになったというプレッシャーは、城の体にさまざまな異変を起こした。食事が喉を通らなくなり、たとえ食べても夜中に突然目が覚めて嘔吐した。結果、それがつらくて、あまり食事を摂らなくなった。

 食が細くなり、元気のない城の異変にチームメイトたちは気づいていた。だが、「なんで食べないんだ」と声をかけてくるような選手はいなかった。まるで腫れ物に触るような扱いで、誰もが城のことを遠巻きに見ているだけだった。

 唯一、キャプテンの井原正巳がそんな城の姿を見かねて、「彰二、カズさんのことや、周囲の視線とか気にするな。おまえはおまえのプレーをすればいいんだよ」と言って、声をかけてくれた。

 このとき、城は痛感したという。それまでは、こうしたさまざまなプレッシャーを、カズがひとりで受け止めてくれていたことを。

「カズさんがずっと、いろいろなプレッシャーの壁になってくれていたんだよね。だから、俺たちにかかるプレッシャーなんて大したことはなかった。でも、カズさんがいなくなって、いきなり自分に全部のしかかってきた。ケガをしているとか、どこか痛いとか、そんなことは絶対に言えないし、『精神的なプレッシャーを感じているんです』とか、泣き言も言えない。

 攻撃も俺が中心になっていたから、責任は重大だし、点を取らないといけないっていうプレッシャーを、チーム内だけじゃなく、メディアやファン、サポーターからもすごく感じた。これって何だ?って思ったね。これが、日本代表のエースとして戦わなければいけない”本物のプレッシャー”なんだなっていうのを初めて実感した」


1998年W杯ではプレッシャーに押し潰されそうになりながら懸命にプレーした。photo by AFLO

 プレッシャーは日に日に増していったが、初戦のアルゼンチン戦を迎えたときには「試合を楽しみたい」という前向きな気持ちが少しだけ出てきた。

 この2年前、アトランタで五輪の舞台は経験したが、なにせW杯は日本が初めて挑む世界最高峰の舞台である。どんな大会なのか、相手はどんなレベルなのか、テレビの画面を通して見たことはあっても、未知の世界である。サッカー選手として、それを実際に体感できることの喜びは大きかった。

「試合は楽しみだったね。だって、(日本人が)誰も経験したことがない大会の試合だもん。もちろん、簡単にはいかないだろうって思っていた。アトランタ五輪のブラジル戦でものすごい力の差を感じたけど、初戦のアルゼンチン戦は、そのときと同じようにボロクソにやられることも予想していた。けど、実際にやられたのは、バティ(FWガブリエル・バティストゥータ)の1発だけ。(日本も)パスが中盤でつながって、攻め込める時間があった。

 ただそれは、相手が省エネ(サッカー)でボールを持たせてくれていたからだった。それに気づかず、調子に乗って『これは次、勝てるかもしれない』『(クロアチア相手なら)やれるんじゃないか』っていう勘違いをしてしまった」

 テレビを見ていた日本のファンも、城と同じような感想を思った人が多かったのではないだろうか。

 ブラジルと並ぶ南米の強豪に、敗れたとはいえ僅差の試合をしたのだ。次の対戦相手となるクロアチアは、アルゼンチンよりも個の質では劣る。アルゼンチン相手にそこそこ戦えたのだから、次は勝てるのではないか。アルゼンチン戦での善戦で、そんな甘い妄想が選手、メディア、ファンの中でどんどん熟成されていった。

 2戦目のクロアチア戦は重要な試合だった。負ければ、グループリーグ敗退が決定する。

 日本は中盤で主導権を握って果敢に攻めた。だが、クロアチアのエースストライカー、ダヴォル・スーケルの1発に沈んだ。アルゼンチン戦に続く、0-1の敗戦。立て続けに僅差で敗れたことによって、ショックは倍増した。

 無論、選手たちもそうだが、予想以上に大きなショックを受けていたのは、日本のファンであり、メディアだった。

「なんで勝てないんだ」
「なんで点が取れないんだ」
「カズの代わりの城は何をやっているんだ」

 W杯という大会のレベルや、W杯出場国の本当の力を知らない人たちが騒ぎ始めた。そして、2試合ノーゴールの”エース”が「日本敗戦の原因だ」と、批判の矛先を城に向けた。日本国内はある意味、ヒステリックな状況になりつつあったのである。

(つづく)

城彰二(じょう・しょうじ)
1975年6月17日生まれ。北海道出身。鹿児島実高→ジェフユナイテッド市原→横浜マリノス→バリャドリード(スペイン)→横浜F・マリノス→ヴィッセル神戸→横浜FC。日本代表では日本初のW杯出場に貢献。1998年フランスW杯に「エース」として出場した。

◆第1回>12年前に中東の地で、 なぜ福西崇史は中田英寿と言い争ったのか

■サッカー代表記事一覧>>