画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●目的別口座を使うメリットとは?

お金が貯まらない理由の1つは、1つの口座ですべてを管理しているから。給与振込口座ですべての管理を行い、余ったお金がそのまま何となく貯金になっているという状態では、お金は一向に貯まりません。また、いつでも引き出しが可能だと、どうしてもお金を使ってしまいます。

貯金をしたいなら、やっぱり先取り貯金が鉄則。でもどうやって口座を分けたらいいのかわからないという人のために、便利な口座があるのを知っていますか? それが1つの口座を5つまで分けられる「目的別口座」です。いくつもの銀行に口座を作り、管理するには大変手間がかかりますが、目的別口座なら、面倒を省いて上手にお金を貯めることができます。目的別口座の使い方をご説明しましょう。

○目的別口座とは?

目的別口座とは、目的別に貯金がしやすいようにはじめから設定された銀行口座です。考え方は貯金箱と全く同じで、代表口座(親口座)があり、そこから貯金箱を5つ並べて自分で貯金箱にお金を入れる仕組みになっています。

なので、口座から自動的に振り替えるという機能はなく、貯金をしようと思ったときに、自分で親口座から目的別口座へお金を移します。一旦目的別口座へ移動すると、目的別口座はATMで出金や入金はできず、出金をするのであればもう一度親口座へお金を戻さなければなりません。ATMでは操作できませんが、PCやスマホなどからWEB上では簡単に目的別口座への振替や目的別口座の追加、目標金額や期日の設定や管理ができます。

また、口座ごとに円定期預金や外貨預金、外貨定期預金が作れるので、資産管理もできます。この目的別口座は、住信SBIネット銀行の「目的別口座」、ソニー銀行の「欲しいもの貯金箱」で利用することができます(以降目的別口座と呼ぶ)。どちらも仕組みは同じです。

○2つの目的別口座を比較 - 住信SBIネット銀行編

住信SBIネット銀行の目的別口座の場合、代表口座(親口座)の他に同時に最大5つの口座を作ることができます。

目的に合わせて、自分で口座名を付け目標期間・目標金額を設定。預金方法も、円普通預金・円定期預金・外貨普通預金・外貨定期預金を選べるので、いつ使うかわからないクルマ関係費用口座は普通預金、予定が決まっているマイホーム資金は円定期預金、子供の教育費は外貨定期預金というように、口座ごとに預金方法を変えることも可能です。

代表口座から目的別口座にお金の移動ができるのはもちろんですが、目的別口座同士のお金の移動も簡単です。パソコンやスマホで24時間お金の出し入れができます。また、目的別口座のお金はキャッシュカードで引き出すことはできず、出金する場合は一度代表口座に振替という形で資金を移動させる必要があります。通常の預金と違って手を付けにくいのも、お金が貯まるポイントです。達成率や残高も随時チェックできます。

●目的別口座を使いこなす方法

○2つの目的別口座を比較 - ソニー銀行編

ソニー銀行の欲しいもの貯金箱の場合、親貯金箱(親口座)と目的別貯金(目的別口座)があり、同時に口座を6つ持っているような感覚で使うことができます。親貯金箱は口座のすべてのお金の出入り口。口座に入金されると、まず親貯金箱に入ります。引き落としやお引き出し、お振り込み、お取り引きの場合の出金も親貯金箱の残高が使われます。

目的別貯金箱は親貯金箱に入金されたお金を分けて貯めておくところ。目標に合わせて、自分自身が作る貯金箱です。親貯金箱に入ってきたお金のうち目標のためにとっておきたい金額を、それぞれの貯金箱にドラッグ&ドロップで簡単に入れることができます。また、目的別貯金箱にはそれぞれキャラクターを見張り番として設定することができ、それぞれの目的別貯金箱が目標額に届くまで、ずっと見張っていてくれます。

○目的別口座を使いこなすには?

目的別口座を作る際には、まずは1〜5つまで目的別貯金の目的を決めましょう。まずは、

1. どのような目的で

2. いつまでに

3. いくら貯めるか

4. そのために毎月いくらの積み立てが必要か

を明確にする必要があります。

それが決まったら、目的別口座を開設し、それぞれの目的別口座に名前を付け「マイホーム資金 700万円」や「長女教育費 200万円」など、目的に合わせて目標金額も設定しましょう。代表の親口座に給与が振り込まれたら、すぐに目的別口座に資金を振り分けましょう。自動振替機能はありませんが、口座間の入出金はWEBサイト上で簡単に行うことができ、同じ銀行内なので手数料もかかりません。

生活費は残った親口座でやりくりし、定期的に目的別貯金の達成状況を確認しましょう。事前に目標を決めて、その目標に向かってきちんとお金が貯まっていく進捗が見えると、貯金をするモチベーションも上がります。

○目的別口座でお金の流れをスッキリ整える

目的別口座の最大のメリットは、お金を目的別に明確に分けることで、貯金をしやすくするということです。頭の中を整理する感覚で、お金の流れをスッキリ整えていきましょう。生活費と一緒になっている口座では、残高の増減も激しく、いくら貯まっているかが見えにくいです。生活費口座と貯金口座を分けることで、お金の流れがスッキリします。

目的別口座では、目的別に貯金の達成率がわかるため「目標よりもお金が貯まってないな」と思ったら自然に節約しようと心がけるようになります。大きくは1つの口座の中なので、管理も簡単。目的別口座を利用することで、お金の流れがスッキリして、自然とお金も貯まってくるわけです。みなさんも目的別口座を上手に活用して、貯金上手になりましょう。

株式会社回遊舎

"金融"を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」「J-REIT金メダル投資術」、「NISA120%活用術」、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」、「子育てで破産しないためのお金の本」など。