安室奈美恵にとって引退発表の2017年は「人生の断捨離の年」だった!

写真拡大

 歌手の安室奈美恵(40)が9月20日、来年の9月16日に引退することを公式ホームページで発表した。1992年のデビュー以降、数々のミリオンヒットを飛ばし、精力的にライブ活動を行ってきた彼女。デビュー25周年を迎える今、どんな心境の変化が起きたのだろうか。

 9月21日放送の“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranai.jp)では、フォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華と、バンドSEXREX(セックスレックス)のボーカルと占いを両立する歌う占い師・青沼李果が、引退に至るまでの安室の心境について占った。

■引退の決意は2年前?

 イヴルルド遙華のオリジナル占術によると、安室は「鉄のファイター」タイプ。とてもストイックでプロフェッショナル、何ごとも妥協したくない性格だ。MC一切なし、歌とダンスで魅せるライブパフォーマンスも、彼女のその性格がにじみ出ているようだ。

 続けて、イヴルルド遙華は“フォーチュンサイクル”で、安室の引退について分析した。現在安室は、チャンスをつかめる「黄金ゾーン」の2年目にあたる「バランス期」にあるという。「黄金ゾーンに入る2年くらい前から、この時期をどう過ごそうか考え、鉄のファイターらしく潔く引退を決断されたのかな」と話すイヴルルド遙華。世間は安室の突然の引退に驚いているが、彼女の中ではもっと前に決意していたことなのかもしれない。

 そして、来年は準備の時期、再来年はチャンスの時期と続くため、「今後も楽しみですね」と語った。

■安室にとって2017年は、人生の断捨離の年

 一方、青沼は九星気学で安室を占う。安室は「五黄土星」という星を持っており、いいときと悪いときの差が激しいそうだ。そんな安室の2017年は「離合集散」という運勢にあたる。人生の断捨離に適した年で、今回の引退について「安室さん自身、歌手活動を『もういいかな』と思って決断されたのかもしれない」と話した。

 占い的にも人生の転機にある安室。次のステージはどんなものになるのだろうか。
(池上はじめ)

>>占いTVを見る