最後の年はウンスエとの衝突もあった

写真拡大

パリ・サンジェルマン(PSG)でカバーニとの衝突が話題となるネイマールのドレッシングルームでのスター選手達との関係が大きな憶測をよんでいる。

事実、バルサでの4年間においてネイマールは常に模範的な選手であった。彼の振る舞いはいつも敬意に満ちており、チームメイトと衝突することはなかった。ダニエウ・アウベスのおかげもあり、チームに完璧に適応し、初日からチーム内の上下関係を理解していた。さらにトリデンテを一緒に構成したレオ・メッシとルイス・スアレスとは特別な友情も育んでいる。

しかしながら、バルサでの最後の年は彼の模範的な振る舞いも歪められており、アシスタントコーチだったフアン・カルロス・ウンスエが公にも彼の態度を咎めている。

また、もう1つの兆候にスター選手達との関係にも変化が見られていた。メッシ、スアレス、ピケというスター選手はバルサのアメリカツアー中にニューヨークで行われたネイマールの“お別れ会”に出席していない。そして、その日はピケが有名な“彼は残る。”という投稿をして世界中が炎上した日である。