画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ヘルシオで最適な調理が可能になる「ヘルシオデリ」

シャープが「食材宅配事業」に新規参入し、料理キット宅配サービス「ヘルシオデリ」を10月19日よりスタートする。

ヘルシオデリは、同社のウォーターオーブン「ヘルシオ」の2015年以降に発売した5機種と、水なし自動調理鍋「ヘルシオホットクック」の全商品に対応した専用の料理キット。下ごしらえ済み食材や、調味料などをセットにして家庭へ届ける。ヘルシオに食材を入れてボタンを押すだけで、有名レストランのメニューを家庭で再現できるという。

ヘルシオデリの"デリ"は、おいしい食事が届く「デリシャス」、自宅に届く「デリバリー」、惣菜のような手軽さの「デリカテッセン」という3つの意味を持たせた。シャープ IoT通信事業本部IoTクラウド事業部サービスマーケティング部 部長の松本 融氏は、「AIoT家電を生かす食材宅配ビジネス」と位置づける。

その一例がヘルシオの無線LAN機能を活用したサービス。料理キットの配送状況を音声で知らせたり、メニューを自動ダウンロードできる。松本氏は、「メニューをダウンロードしたことを知らせたり、到着予定日を知らせることで、ワクワク感を演出することにもこだわった」と話す。

共働き世帯の広がりや、生活様式が多様化する中で、「献立決めの悩み」「買い物時間や下ごしらえ時間の削減」「フードロス」といった時短、効率化ニーズが高まっている。そこに、新たな料理や流行の料理との出会い、SNSシェア、手軽さ、簡単さといったニーズの拾い上げを含めたサービス提供だという。

○ぐるなびらと協力でメニュー開発

当初は、日本料理(幹東)、フランス料理(モノリス)、中華料理(中国湖南料理 華湘)、韓国料理(ソウル市場)、ベジタリアン(みんなのごはん)、カレー(AIR SPICE)の6種類14メニューを用意し、週末の団欒の時間に楽しめるものに仕上げた。メニューの価格は3800円(税別)からで、北海道と四国、九州は、送料として別途300円(税別)が必要となる。

注文は、専用ECサイトか電話で行うことができるが、将来的にはヘルシオからの直接注文も検討しているという。

料理キットは、ぐるなびとタイヘイの協業により、ぐるなびの加盟店ネットワークの中から有名シェフによるヘルシオ向けオリジナルメニューを開発した。タイヘイの食材調達や加工ノウハウを活用して、ヘルシオに適した分量で、最適のカット方法と下ごしらえを実現した。

「日本の食は世界から熱い視線が注がれており、多様な食文化、そして新たな食文化も生まれている。しかし、それを育む外食産業の環境が良いとは決して言えない。ぐるなびはそれを支えていければと考えており、イートインだけではない、ケータリングなどによる中食を活かすことも考える必要がある。今回の事例は先進的な取り組みの一つであり、手軽においしい料理を楽しめるニーズは確実に増えていくはず。これが更なる新たな食文化を作ることにつながると期待したい」(ぐるなび 代表取締役社長 久保 征一郎氏)

○2年前の定款変更が一つの布石に

シャープは6月に開催された定時株主総会において、定款の一部変更を決議。「食品の販売等およびは金融商品取引」を加えた。同社副社長の野村 勝明氏は、「食品の販売を追加したのは、AIoTが進化するなかで、冷蔵庫のなかに何があり、何が切れているのか、今ある食材から何が作れるのかといったサービスを提供ができるようになる。その際に、食材などを補充するといった事業ができると考えている」と発言していた。

ちなみに2015年の株主総会でも定款の一部変更を決議しており、ここでは「電気の小売り事業」や「農産物の生産及び販売」「化学製品の製造及び販売」を含めている。中でも「農産物の生産及び販売」はシャープの本業とは大きくかけ離れたものだが、同年11月から「ヘルシオお茶プレッソ」向けの専用茶葉として、京都府宇治産地の一番茶を使用した「ヘルシオお茶プレッソで飲む抹茶」を発売した経緯がある。

それまでにも、販促品や斡旋品では食品を用意したことがあったが、正式に食品を販売したのは、このときが初めてだ。ヒット商品の「ヘルシオお茶プレッソ」をより楽しんでもらうための高級茶葉として用意したもので、これを独立したビジネスにするという狙いはなかったともいえる。

だが、今回の「食材宅配事業」への参入は、狙いも規模もまったく異なるものだ。

●2020年に200億円の売上規模、サービスモデル確立なるか

シャープ 専務執行役員 スマートホームグループ長 兼 IoT通信事業本部長の長谷川 祥典氏は、「食品宅配市場は堅調に拡大しており、市場規模は、2兆782億円が見込まれ、そのうち約2000億円の市場が、カット野菜、料理キットなどを提供する食材市場。この市場をターゲットに展開し、2020年までに10%のシェア獲得を目指す」と話す。つまり、単純計算で言えばこの事業だけで200億円の売上を目指すことになる。

○人に寄り添うIoT企業が目指す世界

ヘルシオデリで、シャープが目指しているのは、「食のIoT化によるバリューチェーン」を確立だ。例えば開発したレシピを料理キットとして提供するだけでなく、レシピのデータを配信することでヘルシオを通じ、シェアの技を再現できる。さらにユーザーからのフィードバックをシェフに反映するといったことも可能になる。

「東京にいながら、地方、世界の料理を、自宅にいながら楽しめる。シェフは離れた場所に住む人に提供することができるようになり、これをきっかけに、レストランにまたやってくるといった新たな機会の創出にもつながる」(シャープ・松本氏)

白物家電がIoT化すれば、料理キットをコンテンツに見立て、提供できる。これによって、食の世界にイノベーションを起こせるという狙いがある。2020年に約200億円という事業規模は、ヘルシオの事業規模と「ほぼ同等規模」(シャープ・長谷川氏)。この数字の達成には、週末向けプレミアム料理キットだけでなく、日常食といったメニューの拡充が必要になる。

事実、シャープは日常的に新たな収益を生むビジネスへの拡大を考えており、副社長の野村氏が株主総会で言及したような、冷蔵庫の在庫管理をベースにした食品流通ビジネスまで、青写真を描いている。これは、シャープが次々と打ち出しているハードウェアとしての家電依存から脱却した収益モデルの確立の一つの例だ。

シャープが目指す「人に寄り添うIoT企業」の回答の一つ、食品流通という新ジャンルが3年後にどう結実するかが、「今後のシャープらしさ」に繋がっていくことだろう。