Apple製品についてのリークで知られるベンジャミン・ジェスキン氏(@Benjamin Geskin)によると、Appleは現在、iPhoneにeSIMを採用するテストを行っているそうです。eSIMを採用することで、iPhoneの設計において自由度が高まることが期待されています。

eSIM採用で新技術を搭載しやすい

eSIMは「組み込み型SIM(Embedded Subscriber Identity Module)」の略で、従来のようにSIMカードを物理的に入れ替えることなく、契約情報や通信ネットワークへの接続に必要な書き込みがオンデマンドで可能となるのが特長です。
 
これによって、メーカー側は通信モジュールを一律化でき、コストを抑えられるほか、ユーザー側もデバイス上で状況に応じてキャリアを選択できるため、原理上は特定の業者に縛られることがなくなります。
 
また、SIMスロットを必要としないため、デバイスの薄型化や小型化に寄与するのも見逃せない点でしょう。ジェスキン氏も「テクノロジーやバッテリーのためのスペースを確保できる」と、eSIMの採用でiPhoneのデザインの幅が広がることに期待を寄せます。

eSIM対応端末には課題もある

ただし、現状では特定のキャリアで購入した場合、国内においては、その事業者の通信ネットワークしか利用できないように制限されてしまう場合がほとんどです。また、国外に持ち出した場合でも、すべての現地キャリアの中から自由に選べるわけではありません。
 
Apple製品でeSIMが搭載されているのは現在、一部iPad ProとApple Watch Series 3ですが、仮にiPhoneへの採用が決まった場合、MVNOへ対応するかどうか、オンライン上で気軽に契約できるeSIMの利点を活かすことができるのかなども含めて、課題は多そうです。
 
 
Source:Twitter
(kihachi)