同点弾を決めたFWウェイン・ルーニーだったが…

写真拡大

 ヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第2節が28日に行われた。

 D組のミラン(イタリア)は敵地でリエカ(クロアチア)に3-2で辛勝し、2連勝で首位をキープ。K組のニース(フランス)はホームでフィテッセ(オランダ)と対戦し、3得点を奪って快勝した。FWアラン・サン・マクシマンが2ゴールの活躍。同じく2連勝のラツィオ(イタリア)と勝ち点で並んだが、得失点差で上回って首位を守った。

 E組のエバートン(イングランド)はアポロン(キプロス)と2-2で引き分け、2戦未勝利(1分1敗)でグループ最下位のままとなっている。FWウェイン・ルーニーは前半21分に同点ゴールを決め、FWニコラ・ブラシッチのゴールで一時は逆転に成功したが、追いつかれた。

 日本人所属クラブはI組でDF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)とFW南野拓実所属のザルツブルグ(オーストリア)が対戦し、ザルツブルクが1-0で勝利した。酒井は今季初となるメンバー外、南野もメンバー外で日本人対決は実現しなかった。

 H組のケルン(ドイツ)は敵地でレッドスター(セルビア)と対戦し、0-1で敗れた。ベンチスタートとなったFW大迫勇也は1点ビハインドの後半開始から途中出場。攻撃の起点となったが猛攻は実らず、チームは2連敗となった。同組のアーセナル(イングランド)は敵地でBATE(ベラルーシ)に4-2で勝利し、H組の首位をキープした。

 J組のヘルタ・ベルリン(ドイツ)はエステルスンド(スウェーデン)に0-1で敗れた。FW原口元気は出番がなかった。EL初出場のエステルスンドが2連勝で単独首位に立っている。

 第2節は10月19日に行う。

[A組]

アスタナ 1-1 スラビア・プラハ

マッカビ・テルアビブ 0-0 ビジャレアル

[B組]

スカンデルベウ 1-1 ヤングボーイズ

パルチザン 2-3 ディナモ・キエフ

[C組]

ブラガ 2-1 バシャクシェヒル

ルドゴレツ 2-1 ホッフェンハイム

[D組]

ミラン 3-2 リエカ

AEKアテネ 2-2 オーストリア・ウィーン

[E組]

エバートン 2-2 アポロン

リヨン 1-1 アタランタ

[F組]

シェリフ 0-0 コペンハーゲン

ロコモティフ・モスクワ 3-0 ズリーン

[G組]

ルガーノ 1-2 ステアウア・ブカレスト

ビクトリア・プルゼニ 3-1 ハポエル・ベア・シェバ

[H組]

BATE 2-4 アーセナル

ケルン 0-1 レッドスター

[I組]

コンヤスポル 2-1 ビトーリア・ギマランエス

ザルツブルク 1-0 マルセイユ

[J組]

エステルスンド 1-0 ヘルタ・ベルリン

ビルバオ 0-1 ゾリャ

[K組]

ニース 3-0 フィテッセ

ラツィオ 2-0 ズルテ・ワレヘム

[L組]

ゼニト 3-1 ソシエダ

ローゼンボリ 3-1 バルダール


●EL17-18特集

●ブンデスリーガ2017-18特集