幼稚園ママはやっぱり違う!? 保育園ママの偏見【第51話マンガ連載:鈴木さんちの子育て通信】

写真拡大

皆さんこんにちは、Chaccoです!

マンガ連載:鈴木さんちの子育て通信

ワタシは自分が保育園出身で、ムスコも保育園に預けている為、
根っからの保育園ダイスキ人間なのですが、

逆に人生で幼稚園と接する機会はほとんど無かった為、
幼稚園ママの存在はドラマや映画の中でしか見たことがありませんでした。

しかしですね、ムスコが生まれると、保育園に預けた帰りに
『幼稚園ママ集団』を見かけるようになったんです。

4人居たママ達は、みんなオシャレな服にメイクばっちりで、
パリっとした制服に身を包んだ子どもたちが1人ずつお行儀よく園のバスに乗り込むと
「いってらっしゃ〜い!」と、まるで女優のような雰囲気で優雅に手を振ってお見送り。

もう第一印象は
『わーっ、本当にドラマみたいだ〜!ママたちの女子力高っ!』とひとり興奮状態でした。

バスが見えなくなると輪になって井戸端会議がスタート。

そんな時、近くを通り過ぎる際にポロっと聞こえて来たのは…

「こないだリトミックやったんだけどさ〜」
「英語とかいいよね〜」
「○○くんは習い事はじめないの〜?」

…などなど、ハイソサエティ感満載の内容…!
え!?なに!?幼稚園で色んな教育してるはずなのに更に上を目指すの!?
っていうか、幼稚園ママたちにとってはソレが当たり前なの!?

毎日、ムスコにパジャマみたいなデロデロの洋服を着せて
子どもの教育うんぬんより、発熱と鼻水の心配ばかりしながら、
スッピン・頭ボサボサ・毛玉のついた服のワタシなんて
『ママヒエラルキーの最下層』なんじゃないのか…!?

それ以降、同じ場所で幼稚園ママグループを見かける度に、自分が母親として負けてるような…
そんな負け組ママに育てられてるムスコも、小学校とかで幼稚園出身の子に負けるのでは…
などと暗い妄想を抱くようになりました。

しかし、そんなある日。

ひょんなことから幼稚園で先生として働くママ友、その友達の幼稚園ママと話をする機会があったんです!

最近の「幼稚園ママ」はイメージと色々違う

ワタシ「あの〜…毎朝、幼稚園ママたちの『しっかり教育してます感』が凄くて…
自分にも子どもにも一切手を抜かない完璧オーラでキラキラしてるんすよ。
それに比べて自分は負けてるような気がして…」

幼稚園ママ「え?アタシは共働きだから毎日預かり保育で午後6時まで見てもらってるし、別に給食も週3回出るからキャラ弁とかやんないし、全然習い事とかもしてないよ〜あははっ!」

ワタシ「えええ!?働いてる!?」

幼稚園の先生ママ「あ、そうそうウチの園でも預かり保育を利用する共働きのママが増えてるよ!
むしろ今の時代は預かり保育を導入しないと入園者が来てくれなくて子どもの数が少なくなる園もあるみたい。
モチロン専業で教育熱心なママもいると思うけど、ソレは幼稚園の方針が教育重視だからじゃない?
幼稚園って保育園に近い伸び伸び遊ぶのを重視したタイプから、
しっかりした教育カリキュラムをこなすタイプまで結構それぞれでバラバラなんだよね。」

幼稚園ママ「そうそう!ウチの園はまさに保育園みたいな自由に遊ばせるスタイルだからママも働いてる人多いし、お付き合いもサバサバしてるから井戸端会議もママ友ランチもしたことないな〜(笑)」

ワタシ「えええええ、そんなに色んなタイプがあるなんて知らなかった!」

話を聞いて自分がいかに偏った価値観で幼稚園ママを見ていたのかと愕然となりました…。

『幼稚園ママ=旦那が高収入=専業主婦=教育熱心=ランチに井戸端会議=子どもはエリートまっしぐら』

…といった図式は偏見であり、やっぱりドラマの中の世界で見かけるステレオタイプなイメージに過ぎません。

実際にワタシが見かけた4人組ママグループの中に、そういった幼稚園ママがいたとしても、
みんながみんな幼稚園に通うとそうなるのでは無いんだという現実を初めて知りました。

幼稚園ママにとっては、保育園ってどう?

逆にもし幼稚園ママから
「保育園ママって朝早くから夜遅くまで保育園に預けっぱなしで子どもの教育とか考えてないでしょ?」とか
「保育園の子って自由に育てられてれるからお行儀良くできなさそう」とか言われたら
「そんなこと全然ないですからぁぁぁー!
みんな子どもの事ちゃんと考えて、子どももみんな決まりを守るいい子ですからぁぁぁぁー!」
と偏見に対してモーレツに否定すると思います…。

ちなみに幼稚園の先生をしつつワタシと同じ保育園に子どもを預けているママに一番気になる質問をしてみました。

ワタシ「仕事するために保育園を選んだと思うけど、可能ならゆくゆくは幼稚園に入れたいとかってあります?」

幼稚園の先生ママ「え?ソレはまったくないなぁ(キッパリ)
ワタシ自身も保育園育ちで楽しかった思い出があるし、保育園の生活で十分子どもに必要なことは得られると思ってるから2人目生まれても保育園に預けると思う〜!」

その言葉を聞いてワタシは
あ、別に『幼稚園と保育園の教育格差』みたいなものもあまり関係ないんだな〜!と安心しました。

そしてフラットな気持ちになったワタシは
毎朝見かける幼稚園ママ集団を、劣等感を感じる対象とするのでなく
「1人の同じ母親」としてリスペクト出来るようになったんです。

とにかくキレイ!ハツラツ!あと育児に対して楽しそう!!
いっそあの輪の中に乱入して「美の秘訣って何ですか!?子育てのコツって何かあります!?」とか
聞いてみたいなぁ…とまで思いましたが完全に不審者扱いになるのでしてません(笑)

でもいつか小学校に上がったら色んな地区から色んなママと子どもが入学してくると思うので、
その時には『幼稚園ママ』『保育園ママ』とか関係なくフラットな気持ちでお付き合い出来たらいいなぁと
ワタシは考えています。

つづく